山ごはんでお手軽BBQ(ユニフレームのミニロースター)

ユニフレームのミニロースター

以前の記事『山ごはん道具あれこれ』で紹介した道具たちに加え、紹介したいのが今回の「ユニフレームのミニロースター」です。いつもながら、この時期に見られる植物写真と一緒にどうぞ。

山で食べるインド料理(ダッバーに詰めて)

山ごはん道具あれこれ

2019年7月30日
ススキの穂が目立つ季節です

ススキの穂が目立つ季節です。中秋の名月は過ぎましたが、ススキの見頃はまだこれからですね。

ポイントは下網の特殊耐熱鋼メッシュ

左が上網、右が下網

ユニフレームのミニロースター。左が上網、右が下網。

商品のパッケージには「どこでも焼き物が楽しめ赤外線効果で中までふっくら」とあります。まさにその通りで、アウトドア用のガスバーナーと組み合わせる事で、どこでも焼き物(バーベキュー)が楽しめる道具がユニフレームのミニロースターなのです。

上網と下網をセットした状態

上網と下網をセットした状態。

構造としてはシンプルです。上網と下網、2つのパーツがあって、目が細かいのが下網。細かい網目は「炎を通さず、熱に変換する」そうで、なるほど、この下網のおかげで熱を分散させる事ができるのです。もし、これがない場合、アウトドア用バーナーの直火では炎が局所的なので、バーベキュー等には向かいないのですね。

下網は「特殊耐熱鋼メッシュ」

下網は「特殊耐熱鋼メッシュ」で、炎を熱に変換してくれます。

ガスバーナーの上にミニロースターの下網を載せた状態

ガスバーナーの上にミニロースターの下網を載せて点火した状態。

使い方の一例としての「チーズフォンデュ風」

カマンベールチーズ

カマンベールチーズ。今回はこちらを使ってみます。

焼肉とかパンとか、素材を焼いて食べるのももちろんオススメなのですが、チーズフォンデュ風の食べ方とかも楽しいです。

持ってきたチーズフォンデュの具材

持ってきたチーズフォンデュの具材たち。

まず、カマンベールチーズの上の部分を切り抜きます。

カマンベールチーズの上の部分をナイフでカット

カマンベールチーズの上の部分をナイフでカットします。

カマンベールチーズをアルミホイルに載せて、焼きます。この場合、上網は使わず、下網だけを使います(上網を使うと、加熱に時間がかかります)。

加熱して溶けてきたカマンベールチーズ

チーズが溶けてきました。

チーズがトロリとしてきたら、具材を付けて食べます。

プチトマトとカマンベールチーズ

こちらはプチトマト。

ソーセージとカマンベールチーズ

ソーセージとカマンベールチーズも合います。

パンの上にカマンベールチーズ

パンも必須ですね。

ドルチェとエスプレッソでcaffèタイム

食後は、チョコバナナのデザート(ドルチェ)を。

アウトドアでチョコバナナ

ドルチェを作ってみます。バナナに切り込みを入れてチョコを挟んで加熱します。簡易版チョコバナナですね。

〆はこのブログお馴染み、緑のマキネッタでカッフェ・タイムです。

マキネッタでエスプレッソ

マキネッタでエスプレッソを淹れてカッフェ・タイムです。

「手軽さ」が利点のミニロースター

上記のような感じで我が家は利用していますが、この手軽さはハイキングやキャンプの楽しみを広げてくれます。

アウトドアでチーズフォンデュ

ミニロースターがあると、手軽にバーベキューやチーズフォンデュを楽しめます。

自宅でバーベキューをしようと思ったらコンロやグリルを出して炭をおこして、、、と準備が必要ですが、ミニロースターとガスバーナーだと準備は数十秒。軽くて持ち運びしやすく、コンパクトなので使わない時にも収納の邪魔になりません。ちょっとバーベキューしたいからハイキングに行く、なんて事もあり得るかもしれません。

コウゾリナ

コウゾリナ。背の高いタンポポという印象の花です。夏の終わりから秋にかけて、林縁や道路脇に目立ちます。

防災にも有効なアウトドア調理器具

ミニロースターの利点をもう一つ。アウトドアで便利な道具というのは、防災グッズとしても有効ですよね。信州の山奥で生活する我が家では、時々停電が起こります。アウトドア用グッズというのは、そんな時にも活躍してくれます。ライト(照明)や暖房器具はもちろんですが、調理器具も備えておくと安心ですね。

ヤマハギ

ヤマハギ。秋の七草の一つです。9月頃はちょうど見頃ですね。

もちろん、それを普段から使っている事も重要。ハイキングに出かけてお手軽バーベキューとか、楽しみながら防災訓練にもなるなんて一石二鳥です。

ワレモコウ

ワレモコウ。秋の高原を代表するような植物です。丸くて赤い花穂が印象的です。

ヤマハハコ

ヤマハハコ。山に生えるハハコグサに似た花、という意味の名前です。

季節は秋。信州の高原ではススキやワレモコウ、ヤマハギなどが目立ち始めました。秋の紅葉のハイキングや山ごはんも記事にしていこうと思います。

秋の空とカラマツ

秋の空とカラマツ。もう少ししたら、カラマツの黄葉です。

UNIFLAME ユニフレーム ミニロースター
created by Rinker
ビアレッティ 直火式 モカアルピナ
created by Rinker
広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

神戸出身、2016年から信州在住。植物のある生活、自然の中での生活について、このサイト(サンブーカ)で記事を作っています。食や自転車、インテリアなど“イタリア的な山暮らし”の楽しさもテーマにしています。2019年~イタリア・トリノの自転車ブランド・3Tアンバサダー。