ヤドリギ育成記(ヤドリギを育てるということ)

ヤドリギ育成記(ヤドリギを育てるということ)

ヤドリギについては、このブログ(sambuca)で、ちょくちょく書いていますが、今回はヤドリギを育てる試みについて。

ヤドリギとは

シラカバに宿ったヤドリギ
シラカバに宿ったヤドリギ。

ヤドリギとは漢字で「宿り木」、まさに宿る木、他の樹に寄生する(正確には半寄生)植物です。

ビャクダン科(ヤドリギ属)の樹木で、「ビャクダン?香るの?」と時々聞かれますが、ヤドリギは全く香りません。

小さな花を咲かせますが、花も香りません。

ヤドリギの花(こちらは雄花)

ヤドリギを育てるということ

発芽前のヤドリギ
発芽前のヤドリギ。

そんなヤドリギ、宿っているのを見かけるものの、種から育ててみたらどうなるだろう?ということで、試しています。

ヤドリギを育てることの難しさ

実際にやってみると、ヤドリギを育てるというのはかなり難しいです。

・種子から発芽する確率が低い(木に付着させてもポロっと落ちることが多い)
・雪で(親木の)枝が折れたりする

いろんな試練(?)があるので、まるまると大きく育ったヤドリギを見ると、
「奇跡!」
と感じてしまう程です。

ちなみに、ヤドリギは(基本的に)広葉樹に宿り、日当たりの良い条件を好みます。

なので、種子をくっつける時から、選ぶ必要があります。

折れたシラカバと共に飾ってみた、赤ちゃんヤドリギ

折れたシラカバと共に飾ってみた、樹齢1年のヤドリギ

今回、発芽したものの、親木(シラカバ)が折れてしまったので、枝ごと飾ってみました。

カットした親木の切り口にはカラマツの樹皮を挟んで固定し、スッと立つように加工。

カットした枝の切り口にはカラマツの樹皮を挟んで固定
土台はカラマツの樹皮です。

盆栽のようでもあり、洋風にも見える、不思議なヤドリギの魅力はしっかりと感じられ、折れてしまったとはいえ、1週間ほどの最後の期間を楽しませてもらいました。

ヤドリギも旅が好き?

茨城のり子さんの「木は旅が好き」という詩があります。

少し、紹介します。

木は
いつも
憶っている
旅立つ日のことを
ひとつところに根をおろし
身動きならず立ちながら

「木は旅が好き」(『倚りかからず』)茨城のり子
created by Rinker
¥638 (2024/05/27 14:34:23時点 Amazon調べ-詳細)

ヤドリギの場合、根を(親木に)おろし、その親木が大きくなるにつれ、上に横に、生きる場所が動き(?)ます。

やはり、ヤドリギの旅は、少し変わっているのですよね。

寄生した木が大きくなった時、
「高くなったなぁ」と
僕たちを見下ろすのか。

ヤドリギの種子を樹木に付着させる時、実を食べながら(ライチのような味です)、そんなことを想像します。

幹に手をあてれば
痛いほどにわかる
木がいかに旅好きか

「木は旅が好き」(『倚りかからず』)茨城のり子
採取したヤドリギの実

ヤドリギとヒトの旅

ヤドリギとヒトの旅

大きなまん丸の、立派なヤドリギをたくさん育てられる頃、自分はおじいちゃん?

そんな時「ヤドリギ差し上げます」で旅立つヤドリギを運ぶのは変わらずクロネコか、はたまたドローンか。

ヒトを媒介として旅をする、ヤドリギ育成記、のんびり続きます。

植物名ヤドリギ
漢字名宿生木
別名ホヤ、ホヨ、トビヅタ
学名Viscum album var. coloratum
英名Japanese mistletoe
科名・属名ビャクダン科ヤドリギ属
原産地日本、朝鮮半島、中国など
花期2~4月
広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
しょうじ(Shoji)
神戸出身、2016年に信州の山奥に移住。植物のある生活、自然の中での生活について、このブログ(サンブーカ)で記事を作っています。食や自転車、インテリアなど“イタリア的な山暮らし”の楽しさもテーマにしています。