夏のベリー

ブルーベリーの木

スーパーマーケットにイチゴが並ぶのは12月下旬から2月くらいでしょうか。イチゴ狩りのシーズンも冬から早春です。英語ではストロベリーと呼ばれる、バラ科オランダイチゴ属の品種が典型的なベリーであるのに対して、信州の山奥に住む僕にとってのベリー類とは、野イチゴやブルーベリーであり、時期は冬ではなく、夏です。

植物学的には別種のベリー類

ベリー類というのは定義が曖昧で、植物学的には別の科だったりします。上記「オランダイチゴ属」のバラ科には他に、キイチゴ属、キジムシロ属等があり、その中のいくつかの植物と、ツツジ科スノキ属のブルーベリーやクランベリーを加えると、いわゆるベリー類のイメージになります。
ストロベリーは江戸時代にオランダから移入され、オランダイチゴと名付けられた後、様々な品種改良を経て、現在の「とちおとめ」「あまおう」等のブランドが出来ています。キイチゴ属にはラズベリーやブラックベリーがあり、それぞれに栽培品種がありますが、オランダイチゴほどには栽培品種名は有名ではないかもしれません。
キジムシロ属にはヘビイチゴ等が含まれますが、あまり味がなく、食用には向きません。

ナワシロイチゴ

ナワシロイチゴ。日当たりの良いところで見つけられる、野生のイチゴの代表格です。

ヘビイチゴ

ヘビイチゴ。こちらはキジムシロ属に分類され、味があまりないので食用には向きません。

食べられる野生のベリー

信州の「夏のベリー」には主に2つあって、1つはキイチゴ属に含まれる、野生のイチゴ。いくつか種類がありますが、食用にできるのはナワシロイチゴやニガイチゴ等です。場所によっては群生していて、見つけたら嬉々として収穫します。ヨーロッパでは古くから、同じ仲間のキイチゴ属の品種が栽培されていて、ラズベリーやフランボワーズ(フランス語名)として有名ですが、日本の自生のキイチゴ属はJapanese raspberry(ジャパニーズ・ラズベリー)、素朴な味です。

ナワシロイチゴ

摘んで帰ったナワシロイチゴ。食べられる野生のイチゴは、バラ科キイチゴ属のナワシロイチゴやクマイチゴ、ニガイチゴ等です。

寒冷地でも栽培されるブルーベリー

夏のベリー、2つ目はブルーベリー。こちらは自生ではなく、栽培です。信州の高原の冷涼な気候でも育つ耐寒性がある、ハイブッシュ系という品種群で、収穫期は7月から8月。
家の近所にブルーベリー園があり、以前から気になっていたのですが、今夏初めてブルーベリー狩りに行きました。ハイブッシュ系の中でもいろんな種類があり、株ごとに少しずつ味が違います。今年は雨が少なかったので糖度が高くなり、美味しいのだとか。

収穫したブルーベリー

収穫したブルーベリー。信州では、ブルーベリー狩りができる農園がいくつもあり、栽培している家庭も多いです。

摘みたてを味わう夏

雪に閉ざされる冬、この辺りではイチゴだけでなく、ホントに何も収穫できませんが、そんな季節のコントラストもまた、夏のベリーの味を引き立てます。
神戸に住んでいた数年前、庭で採れたという信州のブルーベリーを知り合いからいただいて、その美味しさに感動した事がありました。今、こうして自分で摘み取って、その場で食べている事は、いろんな意味で美味しいのです。
ブルーベリーもラズベリーも、共通しているのは、寒冷地に適した植物であり、どちらも摘みたてを味わうという田舎ならではの夏。

ミヤマニガイチゴの花

ミヤマニガイチゴの花。キイチゴ属の一つで、漢字では「深山苦苺」。苦い、とありますが、熟すと美味しく食べられます。

冬、店頭に並ぶオランダイチゴは「美味しくて当然」という信頼感のようなものがあります。
自然の中で生活している者にとってのベリーは、春に白い花が咲き、段々と大きくなっていく果実を見て、香りを嗅いで、食べてみたら味がなかったり、酸味が強すぎたり。
田舎暮らしにとってのベリーとは、甘さも酸っぱさも、期待外れの味もまた良しと思えるような、そんな存在のような気がします。

広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です