カツラの木の実(小さなバナナような実、二度目の春へ)

カツラの木の実
小さなバナナような、カツラの木の実。

カツラ(桂)の木については、以前に秋の香り早春の花について記事にしているのですが、今回は補足的に、カツラの実(果実)について。

カツラの木の実はバナナのミニチュアのよう

カツラの木の実
葉が茂っている中、枝に実が付いています。

そろそろ黄葉が始まるかな?というような時季、カツラの木の枝には、緑色の実が並んでいます。

まるで小さなバナナのような形をしています。

カツラの木の雌花と果実

『日本の樹木(山渓カラー名鑑)』から少し引用します。

雌花には3~5個の雌しべがあり、柱頭は糸状で淡紅色。果実は袋果で長さ1.3~1.5センチのややそりかえった円柱形。帯紫黒色に熟して裂け、先端に翼のある種子を多数だす。

『日本の樹木(山渓カラー名鑑)』

カツラの木の花の季節

カツラの雌花
カツラ木の雌花。

早春、カツラの木は、葉が展開する前に花が咲きます(近縁種のヒロハカツラは展開と同時に開花)。

「これが花?」というような、花弁も萼(がく)もない、小さな赤い花です。

カツラの雌花

花の色、山の色

黄葉したカツラの木の葉
黄葉が始まった、カツラの木の葉。

カツラの実を眺めながら、なるほどあの小さな花なのだから、と果実の大きさ(小ささ)に納得し、花の季節を振り返ります。

カツラの木の花の季節は、樹々が芽吹いておらずまだ寒く、山には色がありません。

二度目の春、色鮮やかな秋へ

カツラの黄葉
カツラの黄葉。

そう考えると、秋の深まりは春の雪解けのような楽しさもあるかも知れません。

アルベール・カミュの有名な言葉があります。

Autumn is a second spring when every leaf is a flower.

秋は二度目の春であり、すべての葉が花になる。

アルベール・カミュ(Wikipedia)

カツラの葉は黄色い花のように

カツラの木の黄葉と緑色の実
カツラの木の黄葉と緑色の実。

カツラの木は黄葉し、まさに満開の花のように、山を彩る季節がもうすぐです。

やがて落葉し(花が散るように)、カツラの葉の香りが漂う、信州の山間部らしい秋になります。

カツラの木の黄葉

実は焼きバナナのように

カツラの木の落ち葉と実の殻
カツラの木の落ち葉と実の殻。

秋が深まり、役目を終えたカツラの実は殻だけになり、緑色から熟したバナナのような黄色に、そして最後は焼きバナナのように黒くなります。

地面に落ちた殻を拾い、カツラを見上げます。

それぞれの季節で、目の前にある花や葉、実から別の季節を想像させられるのは、植物が持つ力でもありますね。

植物名カツラ
漢字名
別名コウノキ、ショウユノキ
学名Cercidiphyllum japonicum
英名Katsura tree
科名・属名カツラ科カツラ属
原産地日本
花期4~5月
広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です