ウバユリの実とアキアカネ(夏の終わりとお気に入りの場所)

ウバユリの実の上にアキアカネ
ウバユリの実の上にアキアカネ。

ウバユリは、山間部でスッと立っている姿が印象的な植物です。

そして花期よりも、立ち枯れてドライフラワーになった姿の方が印象的です。

そんなウバユリにこの夏、毎日のように赤トンボ(アキアカネ)が止まっていたのが、ここ数日は見かけません。

いよいよ秋かなぁと思ったので、そんな事を記事にしてみます。

ウバユリの実と冬

雪をかぶったウバユリ
雪をかぶったウバユリ。

冬の日の朝、ウバユリの上にサラサラの雪が積もっていたりします。

冬のカラマツ林は静寂の世界です。

雪をかぶったウバユリを見ると、虫の音や鳥の声で賑やかだった夏を振り返って、懐かしく感じる時もあります。

ドライフラワーにも

ウバユリのドライフラワー
ウバユリのドライフラワー。

立ち枯れしたウバユリは冬を越して残っている個体も多いです。

夏にドライフラワーとして飾ると、インテリアにも合わせやすいし、涼しげな雰囲気もあります。

ウバユリの花の季節(名前の由来)

ウバユリの花
ウバユリの花。

冬の立ち枯れ(ドライフラワー)の季節に比べると、ウバユリの花の季節は一瞬ですが、名前の由来は花期の特徴を捉えたものです。

『山渓カラー名鑑 日本の野草』から少し引用します。

花盛りのころには、根もとの葉が枯れてなくなることから、葉のないのを歯なしの姥(うば)にたとえて、ウバユリの名がついた。(中略)茎の先端に数個つく花は水平にでて、長さ7~10センチあり緑白色をしている。

『山渓カラー名鑑 日本の野草』

花言葉は「威厳」「無垢」

ちなみに、ウバユリの花言葉は「威厳」「無垢」だそうです。

個人的な感想としては、威厳は夏の花のイメージ、無垢は冬の立ち枯れのイメージに近いかなと思います。

実の季節の始まり

花期が終わったウバユリにアキアカネが
花期が終わったウバユリにアキアカネが。

花期が終わり、花弁が散ると、ウバユリの実の季節です。

少しずつ大きくなっていく実を窓から眺めるのですが、この夏はアキアカネが止まっているのを観察できました

アキアカネ(赤トンボ)は夏は山へ、秋になれば平地へ

ウバユリの実の上にアキアカネ
夏の間、ずっと同じウバユリに止まっていたアキアカネ。

アキアカネは一般的には赤トンボと呼ばれます。

夏の間は避暑のために山間部で過ごし、涼しくなったら山を降り、低山地や平地に移動する事が知られています。

※そうしたアキアカネや赤トンボ(アカネ属)の特徴や生態についてはこちらの記事『神戸のトンボ/トンボの生態学(アカトンボ)』が詳しいです。

アキアカネのお気に入りの場所

窓から見えるウバユリの実
我が家の窓から見えるウバユリの実。

それにしても、我が家の窓の向こうのアキアカネは1か月近く、毎日のように同じウバユリに止まっていました。

アキアカネにとって、ウバユリの高さや細さ(?)はよほど、お気に入りなのでしょう。

大雨の日はどこかに避難していたようですが、晴れるとまた戻ってきます。

写真を撮っていたら、ウバユリの実が少しずつ大きくなっていくのも記録できました。

それぞれのお気に入りの場所

そんなアキアカネの様子を見ながら、自分にとってのお気に入りの場所はどこだろう?と。

自宅はもちろん、過去に住んでいた部屋や、よく行くお店なんかも、お気に入りの場所として、思い浮かびます。

「あのお店のカウンター席の右端」という風に、自分の居場所や時間を作っていたり、しますよね。

夏の終わりとアキアカネの旅、ウバユリの秋

ナナカマドやサクラの紅葉とアキアカネ
ナナカマドやサクラは紅葉が始まっている、信州の山間部です。

花の蜜や熟した果実だけでなく、ヒトは植物にいろんな要素を求めますが、それはアキアカネも同じかも知れません。

いずれにせよ、我が家周辺のアキアカネはここ数日、見かけなくなりました。

ウバユリのような場所を探して、旅しているのでしょうか。

日本各地の街の暑さも和らいでいきますね。

カラマツ林は寒くなり、あそこにアキアカネが止まっていたんだと思い出す、秋の始まりです。

植物名 ウバユリ
漢字名姥百合
別名
学名Cardiocrinum cordatum
英名なし
科名・属名ユリ科ウバユリ属
原産地日本
花期7~8月
広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です