マイヅルソウの実

マイヅルソウの実
マイヅルソウの実。

夏の初め、白い花を咲かせるマイヅルソウは、冬の赤い実も印象的な植物です。

この記事ではマイヅルソウについて、四季の写真と共に、名前の由来や分布等、特徴を簡単に紹介します。

マイヅルソウの赤い実

マイヅルソウの実(でき初め)
マイヅルソウの実。でき初めは模様があります。

マイヅルソウの実が熟すのは秋です。最初はマーブル柄のような“まだら”模様があって、徐々に透き通ったルビーのような赤色になります。

ベリー類の果実のようにも見え、食べてみるとなかなか美味しいです。熟す前だと苦味を感じますが、完全に熟すと甘酸っぱい味になります。ただ、あまりにも小さいので収穫して食べるようなものではないですね。

花は5~7月

マイヅルソウの花
マイヅルソウの花。

花期は5~7月。小さい花ですが、群生している事が多い植物なので、とても目立ちます。秋から冬の赤い実の季節からは想像がつかない姿でもあります。

名前の由来は葉の形

マイヅルソウの葉
マイヅルソウの葉。

漢字では「舞鶴草」。葉のつき方が鶴の舞を連想させるというのが名前の由来です。確かに、葉も美しい植物です。実や花がなくてもすぐにわかるし、形態を上手く捉えたネーミングです。

群生地が各地に

マイヅルソウの群生
マイヅルソウの群生。

低山帯から亜高山帯の林内に群生する事が多いです。登山道の脇にもよく見られ、信州では上高地にも群生地があります。ちなみに、ヒメマイヅルソウという、マイヅルソウとよく似た(ほとんど同じ)植物もいて、北海道と中部地方以北の亜高山帯に生えます。

分布は全国、アジア、北米にも

マイヅルソウの葉(下から)
マイヅルソウの葉を下から撮ってみました。

マイヅルソウは日本国外にも、朝鮮半島や中国、北米にも分布しています。英語では「False Lily of the Valley」。現在はキジカクシ科に分類されているマイヅルソウですが(APG体系)、以前はユリ科でした。英語名に「Lily=ユリ」が含まれているのは、共通する花の見方も感じられますね。日本の舞鶴草というネーミングの方が個人的には好きですが、Instagramで海外のマイヅルソウの写真を見ると、遠くへ旅したような気分にさせられます。

同じ時期の花

チゴユリの花
チゴユリの花。マイヅルソウと同じ時期、同じ場所によく見られます。

マイヅルソウの花の頃、同じ場所にはチゴユリやアマドコロ(こちらもキジカクシ科です)などが咲いているのをよく見かけます。チゴユリもアマドコロも、冬に見つけると「何の実だろう?」と気になる植物です。

マイヅルソウの四季

マイヅルソウの実(冬)
マイヅルソウの実。雪の季節にも実が残っています。

そんな中、食べてみたくなるような、特に美味しそうな実がなるのはマイヅルソウだと思います。雪が降り始める季節、鮮やかな赤い実はささやかなプレゼントのようにも感じます。山暮らしの厳しい冬は、いろんな花の見方をさせてくれます。

植物名 マイヅルソウ
漢字名 舞鶴草
別名
学名 Maianthemum dilatatum
英名 False lily of the valley
科名・属名 キジカクシ科マイヅルソウ属
原産地 日本、東北アジア、北米など
花期 5~7月
広告
広告

2 件のコメント

  • いつも綺麗な写真をありがとうございます。

    マイヅルソウは上高地を訪れた時にその存在を知り、好きになった植物です。
    しかし、その実は見たことがありませんでした。
    とても可愛らしい実をつけるのですね。ますますマイヅルソウが好きになりました。

    下から撮影されたという葉っぱの写真、自分の体が小さくなったような不思議な感覚を楽しみました。

    これからも素敵なご投稿を楽しみにしています。

    • フローレンス様
      コメントありがとうございます!
      マイヅルソウの葉は一面に広がって、高さが揃っているのでテーブルのようにも見えます(^。^)
      虫から見たら、緑の天井が続くように見えるだろう、と思って撮影しました。
      今後ともよろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    神戸出身、2016年から信州在住。植物のある生活、自然の中での生活について、このブログ(サンブーカ)で記事を作っています。食や自転車、インテリアなど“イタリア的な山暮らし”の楽しさもテーマにしています。2019年~イタリア・トリノの自転車ブランド・3Tアンバサダー。