カエデの花の季節

ウリハダカエデの花
ウリハダカエデの花。

信州では、4月の中旬から5月にかけて、カエデの花が咲き始めます。遠目にも目立つイタヤカエデや、林縁に多いウリハダカエデなど、一般的には紅葉や黄葉の方が有名なカエデの仲間。

この記事では、信州で見られるカエデの仲間(ムクロジ科カエデ属)の樹木の花をいくつか、簡単に紹介します。

カエデの花の季節の始まり

イタヤカエデの冬芽(開花直前)
イタヤカエデの冬芽。開花直前です。

都市部のイロハモミジの花期は4月上旬から始まりますが、信州の山間部(上高地など)では、どのカエデも5月になってからです。野草の花もどんどん咲き始めて、写真を撮りたくなる被写体が増えてきます。それら目立つ花からふと目を上げると、カエデの木の花を見つけたりします。

ウリハダカエデ

ウリハダカエデの花
ウリハダカエデ。葉の展開とほぼ同時に開花し、黄緑色の花が十数個ぶら下がります。

「ウリハダ」の名前は、若い木の樹皮がウリのような縞模様に見えるから。なので、落葉していても同定しやすい樹種です。比較的、花も目立つので見つけやすいです。

ハウチワカエデ

ハウチワカエデの花
ハウチワカエデ。花の色は暗紅紫色です。

漢字は「羽団扇楓」。葉の形を天狗の団扇に例えたものです。これより小ぶりの「コハウチワカエデ」もあり、花期は少し遅いです。

ハナノキ

ハナノキ
ハナノキ。葉が展開する前に咲き、樹冠が赤くなるほどに目立ちます。

ハナノキは、信州でも自生は少ないですが、植栽で見かける事が多いです。漢字は「花の木」。確かに、カエデの中では花が目立つ樹種です。花楓という別名もあります。ちなみに花期はこのハナノキが最も早いです(都市部の植栽だと3月に咲くところもあります)。

イタヤカエデ

イタヤカエデの花
黄色く見えるのがイタヤカエデの花。白馬のロープウェイから撮った写真です。

信州では、大木もよく見かけるイタヤカエデ。漢字は「板屋楓」。板屋根のように雨を漏らさない、それだけ葉がよく茂る、という名づけです。東北には「泣きイタヤ」という言葉があるそうです。春先に枝を切ると水がしたたり落ちる、という意味ですね。いわゆるメープルシロップ(樹液)です。

イロハモミジ

イロハモミジの花
イロハモミジ。直径5㎜くらいの小さな赤い花です。

イロハモミジは最も有名なカエデでですが、信州の山間部ではあまり見かけません。上の写真も植栽のものです。イロハモミジは葉も小さいですが、花も小さいです。

花言葉

イタヤカエデの花
イタヤカエデの花。地面に落ちていたのを持ち帰りました。

カエデ全般の花言葉があるようで「大切な思い出」「美しい変化」「遠慮」なのだそうです。僕が共感するのは「美しい変化」です。春の花から芽吹き、秋の紅葉(黄葉)、そして翼果など、まさに変化しながら一年を通して楽しませてくれます。

花から翼果の季節へ

イタヤカエデカエデの翼果
こちらはイタヤカエデの翼果。カエデの種類によって、翼果の形も違います。

花の後、カエデの木の仲間は前述の「翼果」を付けます。親木から離れたところに飛んでいき、分布を広げるカエデの木。旅の始まり、とも言える花の季節ですね。

カエデの特徴や翼果についての記事も作っています。

イロハモミジのプロペラ

世界のカエデ、日本のモミジ(イロハモミジのプロペラ)

広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

神戸出身、2016年から信州在住。植物のある生活、自然の中での生活について、このブログ(サンブーカ)で記事を作っています。食や自転車、インテリアなど“イタリア的な山暮らし”の楽しさもテーマにしています。2019年~イタリア・トリノの自転車ブランド・3Tアンバサダー。