イロハモミジのプロペラ

イロハモミジのプロペラ

イロハモミジという単語を外国人に説明するとしたら「イロハ」と「モミジ」について説明する事になるでしょうか。

まず「イロハ」。手のひら型に裂けた葉の先を「イロハニホテト」と数えた事が名前の由来で、英語だと「ABCDモミジ」のようなものだと説明するのがわかりやすいかも知れません。
「モミジ」はどうでしょうか。カエデ=Mapleの一部を日本語では特別に「モミジ」と呼ぶのだと説明する事になるでしょう。

紅葉(こうよう)と書いてモミジとも読む事や、紅葉狩りの風習についての説明も必要かも知れません。こうして整理すると、日本語には植物や自然を表す表現が豊かである事を実感します。

イロハモミジ

単にモミジと言うとイロハモミジを指す事が多いくらい、紅葉の代表的な樹種です。

世界のカエデ、日本のモミジ

植物学では、モミジとカエデは区別しません。区別するのは園芸や盆栽の世界で、やはりモミジは日本の文化なのです。カエデの仲間は世界に約150種ありますが、日本で「カエデ」は「カエル(蛙)の手のような形」が名前の由来です。カエデの葉のデザインと言えば、カナダの国旗が有名ですが、カナダのメープル(サトウカエデ)からはカエルの手はイメージしにくいですね。日本のカエデの方が葉の裂け方が手の形(掌状)に近いようです。

イタヤカエデ

こちらはイタヤカエデ。黄葉した葉が雨に濡れて、まさにメープルシロップ色です。

鑑賞用としてのモミジの開発

モミジを鑑賞する日本の風習は、古くは万葉集に紅葉(黄葉)についての歌がある事から、少なくとも約1200年前(奈良時代)から続いている事になります。元々は中国の影響を受けた風習ですが、江戸時代にはたくさんの園芸種が作られます。カエデの中でも、5つ以上に切れ込みが入る掌状のものがモミジ品種とされたのも江戸時代からです。春から秋まで紅葉が続くノムラモミジといった園芸種が開発されたり、当時も紅葉の人気は高かったのでしょう。

ハウチワカエデの花

ハウチワカエデの花。カエデの仲間は、花粉媒介を虫ではなく風まかせなので(風媒花)、花は目立ちません。

空力学的にも優れたモミジのプロペラ

一般的に、モミジ人気は赤い色の葉だと思いますが、見どころは他にもあります。春の芽吹きと小さな花、そして独特な形をした種子です。植物の新緑はどれも喜ばしい色ですが、その中でもモミジの緑色はひと際鮮やかです。一枚の葉が春から秋にかけて、これほどの変化を見せてくれるのは驚きです。新緑の後、目立たない小さな花が咲き、やがてプロペラのような種子が現れます。枝から落ちる時、翼によって回転し、少しの風でも遠くまで飛べるようになっているのです。

イロハモミジのプロペラ(翼果)

イロハモミジのプロペラ(翼果)。風に乗って親木から離れたところへ種を運ぶための形です。回転しながら落下し、上方に空気の渦流を作ってプロペラの上の空気圧が下がる事によって飛びやすくなっています。

北半球に拡がるカエデの分布

約6千万年前、カエデの祖先が誕生した時代はユーラシア大陸やアメリカ大陸が地続きでした。その後の大陸の分離によって各地のカエデはそれぞれに進化していきますが、日本のカエデは人類に愛された事によって特に植生を拡げたと言えるでしょう。秋に真っ赤に染まる風景は、風の力ではなく人の手によって作られたものです。

ヤマモミジの翼果

赤いハンガーが並んでいるように見える、ヤマモミジの翼果。雨の森で見つけて、思わずパチリ。

イロハモミジとカラマツの枯葉

カラマツ林の中にもモミジが育っているのをよく見かけます。

より遠くへ。プロペラによって北半球に拡がったカエデ達は、落葉前の葉の色によって人間に選ばれる事を想定していたでしょうか。1000年程度の時間はカエデにとっては一瞬の出来事で、まだまだ評価すらできない繁殖方法なのかも知れません。今も模索しているはずです。より遠くへ行く方法を。

植物名 イロハモミジ
漢字名 伊呂波紅葉
別名 タカオカエデ、イロハカエデ
学名 Acer palmatum
英名 Japanese Maple
科名・属名 ムクロジ科カエデ属
原産地 日本
花期 4~5月
広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

神戸出身、2016年から信州在住。植物のある生活、自然の中での生活について、このサイト(サンブーカ)で記事を作っています。食や自転車、インテリアなど“イタリア的な山暮らし”の楽しさもテーマにしています。2019年~イタリア・トリノの自転車ブランド・3Tアンバサダー。