オオカメノキの花(春の白い花と冬のバンザイ)

オオカメノキ(ムシカリ)の花
オオカメノキ(ムシカリ)の花。新緑の中、白い花は目立ちます。

新緑の信州で目立つ花の一つに、オオカメノキの白い花があります。

カラマツや他の木の葉は芽吹いたばかりで、オオカメノキの真っ白の花は、季節を先取りしたような、何かの間違いで咲いてしまった(!?)ような、それくらい目立ちます。

林縁にも多いので、車を運転していて見える事も多いです。

春に目立つ、オオカメノキの花

オオカメノキ(ムシカリ)の花
オオカメノキの花。中心部に集まった小さな両性花の周りを、装飾花が取り囲みます。

遠くからでも目立つ春の花というと、他にはミズキやヤマボウシ、ヤブデマリ、ガマズミなどがあります。

その中でも、オオカメノキは花期が早いのと、山中の歩道脇とか、少し明るい環境で見かける(スポットライトを当てたように見えます)事や、大きな葉と相まって、目立ちます。

大亀の木=亀の甲羅のような、大きな葉

別名は「ムシカリ」(虫が食べた葉)
漢字では、大亀の木。

オオカメノキは漢字では「大亀の木」。

確かに、亀の甲羅にも見えますね。

「ムシカリ」(虫狩)という別名もあります。

虫が好んで食べる、というのが由来です(なるほど、虫に食べられていますね)。

オオカメノキの分布(山の中の木)

オオカメノキの白い花
レンプクソウ科ガマズミ属(旧スイカズラ科)の落葉低木で、花はガクアジサイに似ていています。

オオカメノキは、基本的に深山に生育します。

北陸や北日本では低山にもあるようですが、植栽では見かけないし、信州でも標高の高い、山の中の木です。

我が家は信州の山奥、標高1300mくらいです。

家の周りにはオオカメノキがたくさんあるし、登山をすると、標高2000mの稜線上にもたくさん見かけます。

小説『劔岳 点の記』にも登場するオオカメノキ

オオカメノキの葉
横に伸びた枝に大きな葉が並ぶ様子も、特徴的です。

映画化もされた新田次郎の小説『劔岳 点の記』から少し抜粋します。

ブナの樹林の中に、陽がさしこむような隙間があると、そこには必ずと伝ってもいいように、赤い実を花の冠のようにつけた灌木があった。あまりにも鮮明なその実の赤い輝きに惹かれて、思わず足を止めた柴崎は、その植物の名を長次郎に訊いた。
「ムシカリ(カメノキ)と伝っていますが、冬になるとこの木の皮をカモシカが好んで食べます」
と長次郎は答えた。

『劔岳 点の記』(新田次郎)
劒岳〈点の記〉新装版 (文春文庫) [ 新田次郎 ]
created by Rinker

『劔岳 点の記』で描写されているのは、夏の赤い実です。

春の白い花の後、赤い実が熟して黒くなり、秋は紅葉。

どの姿も印象的ですが、雪の中で見つける冬芽の姿もそうです。

冬芽も見どころ(雪の季節も目立つ、その形)

オオカメノキの冬芽
オオカメノキの冬芽。「バンザイ!」しているように見えます。

バンザイしているように見えたり、ウルトラマンのように見えたり、一度見ると忘れない、その形。

オオカメノキの冬芽(花芽)
こちらは花芽。中央の丸いのが花芽で、両横は葉芽です。ウルトラマンのようにも、ウサギのようにも見えます。

冬芽観察で、最も有名な樹種の一つがオオカメノキなのではないかと思います。

雪山を歩いている時も、見つけるとついつい写真を撮りたくなります。

葉になる直前のオオカメノキの冬芽
葉になる直前の冬芽を上からパシャリ。葉の形がわかりますね。

山暮らしの中のオオカメノキ

上高地の遊歩道沿いにも、オオカメノキをたくさん見かけます。我が家よりも花期は遅く、標高が低いところから高いところへ、順番に季節が訪れます(上高地の標高は約1500m)。

今頃は、2000mの稜線上で咲いているかな? と想像します。

オオカメノキで知る、山暮らしならではの季節の巡り。

白い花で、春から夏へと強まる陽射しを、赤く熟した実で短い夏を、色づいた大きな葉で秋の深まりを実感し、バンザイしながらパワーを溜める冬。

オオカメノキの紅葉
大きな葉がピンクや黄色のグラデーションになる、オオカメノキの紅葉。

鳥のように、実を食べて種を運ぶというような共同作業を介さずとも、ヒトは植物によって自分達の居場所や季節、旅を印象付けます。

植物を見て、美しさやユーモアを感じるとすれば、それはとても重要な何かなのでしょう。

冬の厳しさや、短い夏を共にする、山暮らしの友達。

そんな風に感じさせてくれるオオカメノキ。

冬になったら、また一緒に雪の中でバンザイをしましょうか。

もちろんその前に、夏の赤い実です。

オオカメノキの実
オオカメノキの実。夏には赤くなり、やがて熟して黒くなります。
植物名オオカメノキ
漢字名大亀の木
別名ムシカリ(虫狩)
学名Viburnum furcatum
英名なし
科名・属名レンプクソウ科ガマズミ属※旧スイカズラ科
原産地日本、台湾、中国など
花期4~6月
広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Shoji(しょうじ)
神戸出身、2016年に信州の山奥に移住。植物のある生活、自然の中での生活について、このブログ(サンブーカ)で記事を作っています。食や自転車、インテリアなど“イタリア的な山暮らし”の楽しさもテーマにしています。2019年~イタリア・トリノの自転車ブランド・3Tアンバサダー。