【中山道のんびりハイキング】初夏の碓氷峠と軽井沢

旧碓氷峠遊覧歩道

中山道のハイキング(&サイクリング)については、既にいくつかの記事にしています。

今回は碓氷峠。長野県と群馬県の県境のハイキングです。
旧軽井沢からハイキングコース(旧碓氷峠遊覧歩道)を歩いて、絶景の「見晴台」まで行き、その後はバスに乗って再び旧軽井沢に戻るというコース。なので、“峠越え”ではないですが、それっぽい体験ができて、軽井沢から手軽に行けるので、オススメです。

今回の植物ハイキングのポイント
●軽井沢からのお手軽ハイク
●歩く距離は約4~6km(1~2時間)
●6月上旬の新緑を満喫
●碓氷峠頂上からはバスで下山
新緑の旧碓氷峠へGO!

新緑の旧碓氷峠へGO!

二手橋の奥の遊覧歩道へ

今回のハイキングコースとなる、旧碓氷峠遊覧歩道の入口は、旧軽井沢の北の外れにある、二手橋(にてばし)の奥にあります。

二手橋までのアクセス
車の場合、二手橋の近くに駐車場がいくつかあります。電車だと、軽井沢駅から二手橋まで約2.5km、徒歩約30分です。

二手橋のすぐ横に公衆トイレがあるので、トイレを済ませたら、アスファルトの道路を上ります。

ハイキングコース(旧碓氷峠遊覧歩道)の入口

ハイキングコース(旧碓氷峠遊覧歩道)の入口。

右手に、ハイキングコース(旧碓氷峠遊覧歩道)の入口が出てくるのて、ここから植物散策です。

イタヤカエデの新緑

光を透過する新緑のトンネルが続きます。これはイタヤカエデですね。

ホオノキの新緑

こちらはホオノキ。

6月上旬のこの日は、とにかく新緑が見事です。カエデ、トチノキ、ホオノキなど、いろんな木の新緑のトンネルになっていました。

最も印象的だったのではイタヤカエデです。空一面のカエデの葉と、地面には翼果がたくさん落ちています。

カエデの翼果

カエデの翼果。こちらはイタヤカエデ。イロハモミジなど、カエデの種類によって、翼果の形も違います。※以前に『イロハモミジのプロペラ』という記事を作っています。

イロハモミジのプロペラ

イロハモミジのプロペラ

2018年1月19日
花は、ミツバウツギが開花直前。

ミツバウツギ

ミツバウツギ。遊歩道脇にたくさんありました。

他、見かけた植物の写真をいくつか。

ヤマアジサイの蕾

ヤマアジサイの蕾。アジサイの時期も、もうすぐですね。

ユキザサ

ユキザサ。雪のように白い花、ササの葉に似た葉、という名前です。

クワガタソウ

クワガタソウ。湿り気のあるところに多い花です。漢字は鍬形草。朔果(さくか)につく、萼の形からつけられた名前です。

見晴台に到着

見晴台に到着(群馬県と長野県の県境)

見晴台に到着です!

遊覧歩道入口から約3kmで見晴台に到着です。名前の通り、見晴らしが素晴らしいです。妙義山や浅間山など、いろんな方角の山を眺められます。

妙義山(見晴台から)

妙義山。見晴台は標高1200m、妙義山は標高1104mなので、ここからだと少し低く見えますね。

浅間山(見晴台から)

あちらは浅間山(2568m)、やはり雄大です。

熊野皇大神社の樹々を観察

熊野皇大神社に到着

次は、熊野皇大神社です。

見晴台の後は、熊野皇大神社に参拝します。この神社、ちょうど県境にあって、お賽銭箱も2つ並んでいるという、面白い神社です。
そして、この神社の植物も見応えがあります。

熊野皇大神社の御神木のシナノキ

樹齢800年以上という、シナノキ。

奥に入ったところの、御神木のシナノキ。樹齢800年以上だそうで、ホントに大きいです。主幹がない状態で、かえって古木らしさが出ているように感じます。パワースポットでもあり、木の周りを1周すると寿命が1年延びるとか、皺が1つ減る、とも言われているそうです。ちなみに妻は3周していました。。。

シナノキのハート形の穴

ハート形の穴があります。写真ではわかりにくいので、手でハート形を。。。

さらに、主幹が空洞になっていて、ある場所から見るとハート形の穴があります。いろいろとネタが豊富なシナノキです。

このシナノキからさらに、奥に数分歩くと(ちょっとした登山道のような道です)、奥社があって、これがまた雰囲気が良いです。

熊野皇大神社の奥社

ミズナラやイタヤカエデなどの新緑の中、ひっそりと佇む奥社。

境内に戻って、もう一つ。

群馬県側の御神木・イチイの木

群馬県側の御神木・イチイの木。

イチイの木の葉先には新芽が

イチイの木の葉先には新芽が。イチイは信州だと生垣でもよく見かける樹種です。黄緑色の新芽がこの時期、美しいです。

峠茶屋で名物の力餅、赤バスで下山

碓氷峠名物の「力餅」

碓氷峠名物の「力餅」。峠の茶屋が数軒並んでおり、どのお店でも食べられます。

熊野皇大神社の周辺には峠茶屋が数軒、並んでいて「力餅」というのが名物のようです。我々も力餅をいただきつつ、食べ終えたら下山です。

来た道を歩いて戻っても良いのですが、今回は赤バスに乗って下山します。

軽井沢・赤バス

軽井沢・赤バス。碓氷峠の見晴台まで、季節限定で運行している路線バスです。運賃は1人片道500円。

レトロなデザインと、その車窓から見る新緑が気持ち良いのです。ジブリの世界のような、ちょっと特別な時間を過ごせます。

赤バスの車窓から

赤バスの車窓から。この日は、トチノキの大木の新緑が目立ちました。

往路の遊歩道も、復路のこの自動車道も、秋の紅葉もキレイでしょうね~。

軽井沢観光会館

旧軽井沢銀座商店街の中にある、軽井沢観光会館。

旧軽井沢でバスを降りたら、今回のハイキングは終了ですが、軽井沢のスポットをもう一つ。

軽井沢ライドタウンに立ち寄り

軽井沢ライドタウン前にて

レンタサイクルできるお店、軽井沢ライドタウン。

軽井沢は、自転車で観光地を巡っている人をよく見かけます。「軽井沢ライドタウン」は駅からも近く、ロードバイクや電動バイクなど、各種自転車が揃っています。現在、3Tバイクの試乗車の取り扱いも計画中だそうなので、こうして紹介させていただきました(話しが進み次第、記事内容も更新します)。
※下記、軽井沢ライドタウンのサイトへのリンクです。
http://karuizawa.ridetown.jp/

軽井沢でのサイクリングも楽しそうだし、碓氷峠も次回は坂本宿までの反対側の峠道も、いつか歩いてみたいと思います。

今回の植物ハイキングのまとめ
●コンパクトにいろいろ楽しめるコース
●秋の紅葉の風景も見てみたい
●軽井沢サイクリングも楽しそう
●次回は坂本宿までの峠越えにチャレンジか?

広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

神戸出身、2016年から信州在住。植物のある生活、自然の中での生活について、このサイト(サンブーカ)で記事を作っています。食や自転車、インテリアなど“イタリア的な山暮らし”の楽しさもテーマにしています。2019年~イタリア・トリノの自転車ブランド・3Tアンバサダー。