【上高地ハイキング】5月中旬~6月上旬の植物散策

上高地・河童橋から眺める穂高連峰

信州・上高地は、植物散策にも最高な場所です。景色が良くて、遊歩道が整備されていて歩きやすく(原始的な自然の中にもかかわらず)、安心して散策できます。しかも、花や自然のガイドブックが何冊も出版されていて、植物の名前を調べやすいです(ありがたいです)。

このブログでも、いくつも上高地について記事にしていこうと思いますが、今回は春から初夏にかけて、5月中旬(ゴールデンウィーク後)~6月上旬に見られる植物についてです。

今回の植物散策のポイント
●5月中旬~6月上旬(初夏)の上高地
●ニリンソウが目立つ時期
●歩く距離は約12~13㎞(滞在時間約4~5時間)
●カッパ・グルメも堪能

上高地バスターミナル(河童橋)からスタート

河童橋の上で河童焼

河童橋の上で河童焼。1個200円、味は「あずきあん」「カスタード」「あずきあん&クリームチーズ」の3種類。

今回の散策は、バス(沢渡からのバス)で上高地バスターミナルまで行き、まずは名物の「河童焼」を買ってからスタートです。
河童橋の上で河童焼の写真を撮ったら、植物散策です。

ズミ(コナシ)の花

ズミの花。コナシ、コリンゴという別名もあって、秋には赤い果実ができて、確かにリンゴのような味がします。

河童橋周辺では、ズミ(コナシ)の花が満開です。

水辺が多い散策路

水が冷たくて気持ち良いです。

梓川左岸を明神池方面へ(梓川上流へ)

ニリンソウの群生

春の上高地を代表する花、ニリンソウ。上高地の各所で、群生しているのを見られます。

歩きだすと、ニリンソウの群生があちこちに。
以下、河童橋と明神池の間(左岸)で撮影した植物写真をいくつか。

ズダヤクシュの花

ズダヤクシュ。長野県の方言で喘息(ぜんそく)の事をズダと言い、その薬になるという名前だそうです。

コミヤマカタバミ

コミヤマカタバミ。ミヤマカタバミよりも花や葉が小さい、という意味の名前です。ハート形の葉は角が丸いです(ミヤマカタバミは角ばっています)。

イヌドウナの葉

イヌドウナの葉。ヨブスマソウの変種で、信州や東北で食用にされてきた山菜です(ヨブスマソウは北海道に多いようです)。キク科コウモリソウ属の植物で、三角形の葉がコウモリのようにも見えますね。

クルマバツクバネソウ

クルマバツクバネソウ。6~8枚の葉が輪生するので「車葉」。「ツクバネ」はツクバネソウからで、羽根つき、いう意味です。

ラショウモンカズラの花

ラショウモンカズラ。この時期、歩道脇にたくさん見られます。

ヒロハカツラの花

ヒロハカツラの花を発見! カツラの花は葉の展開前ですが、ヒロハカツラは葉と花が同時のようです。

橋を渡って明神池に到着

明神橋を渡ります

明神橋を渡って、明神池へ。

折り返し地点、明神池へ到着です。穂高神社奥宮で拝観料(1人300円)納めて明神池を散策します。

明神池で新緑と水面を眺める

明神池で、しばしボーっとする、贅沢な時間。

切り立つ山と新緑、透き通るような水。。。静かです。湖面をマガモが泳いでいて、波紋がゆっくりと広がる、その音も聞こえてきそうな、それくらい静かです。

イワカガミの花

イワカガミの花。湿り気の多い岩場や、高山の草地などに生育します。葉がピカピカと光沢がある事から、漢字は岩鏡。

水中にはイチョウバイカモという水草、池のすぐそばではイワカガミの花を見かけました。

梓川の水中には水草などがほとんど見られませんが、これは渇水期と増水期の水量が大きく、流量が安定していないのが理由です。対して、支流や明神池では安定しているので、こうして水中植物が豊かです。

嘉門次小屋の岩魚の塩焼き

「嘉門次小屋」の岩魚の塩焼き(1000円)。定食だと1600円。

明神池でしばし植物観察した後は、嘉門次小屋でイワナの塩焼きを食べます。奥の囲炉裏で炭火で焼かれたイワナの塩焼き、絶品です!

梓川右岸を河童橋方面へ(梓川下流へ)

青空に舞う、ヤナギの種子・柳絮(りゅうじょ)

ヤナギの種子・柳絮(りゅうじょ)がたくさん飛んでいます。

初夏から夏にかけて、上高地ではたくさんの綿毛が飛んでいます。これは柳絮(りゅうじょ)という、ヤナギの種子です。上高地と言えばケショウヤナギが有名ですが、この時期に見られるのはエゾヤナギの柳絮。エゾヤナギから始まり、夏にかけて、たくさんの種類のヤナギが綿毛を飛ばします。

エゾヤナギの綿毛

エゾヤナギの綿毛。上高地では、ケショウヤナギやオノエヤナギ、ドロノキなど、たくさんの種類のヤナギ科の樹木が見られます。

右岸の遊歩道は、湿原(岳沢口湿原)や木道を歩いたり、左岸とはまた違った風景、植生が楽しめます。

新緑の中の木道を歩きます

右岸は木道が多いです。

ハルニレの新緑の中を

ハルニレの新緑の中を抜けて、河童橋方面に向かいます。

ハルニレの新緑も、この時期ならではですね。植栽で見かける事が多いハルニレですが、ここまで広大な森はなかなかないです。

河童橋まで戻って、そのまま大正池方面へ

河童橋付近に戻ってきました

河童橋付近に戻ってきました。右岸から眺める、穂高連峰。

時間がない場合、河童橋まで戻って、そのままバスに乗って帰路につくのも良いと思います(ここまで8~9km、2時間半~3時間くらい)。

ウリハダカエデの花

ウリハダカエデの花。葉の展開と同時に、細長い総状花序を咲かせます。淡緑色の小さな花です。

今回はそのまま右岸を進んで、大正池まで向かいます。

ルミエスタホテルで河童ケーキを

六百山と霞沢岳

河童橋から少し下流に行くと、六百山と霞沢岳の眺めが良いです。この写真は上高地ルミエスタホテルの前から。

河童橋から1.5kmくらい歩くと、上高地ルミエスタホテルに着きます。ここに立ち寄ったのは、妻のお気に入りの「かっぱムース」が目的です。

かっぱのムース(上高地ルミエスタホテル)

かっぱのムース(1個550円)。こちらは2年前の写真です。形はもちろん、抹茶のムースが美味しいです。

前回は、緑のを食べたのですが、他にも種類があるということで、訪問してみると、、、

ピンクのかっぱムース(上高地ルミエスタホテル)

ピンクのかっぱムース! バラのブリュレとラズベリージュレが、ラズベリームースで包まれているそうです。

この他にも、季節限定で黄色のかっぱムース(マンゴー)や、雷鳥が登場するようです。また再訪せなばなりません。ちなみに、「河童のひるめし」という、お弁当もあるのですが、今回訪問時(14時前)には既に売り切れていました。次回はコースを変更して、再チャレンジですね。

大正池に到着、バスで帰路

大正池で“立ち枯れ”ポーズ

大正池に到着です。昔に比べると、随分と立ち枯れの木が減っています。そんなわけで妻に“立ち枯れ”ポーズをしてもらいました。

田代湿原を観察したら、いよいよ大正池です。記念撮影して、今回の植物散策は終了です。ここからバスに乗って帰路につきます。

今回は、大正池のバス停から沢渡行きのバスに乗りましたが、ハイシーズンになると、大正池からは乗れない事もあるので、要注意です(バスターミナルから乗車するのが無難)。

上高地へのアクセスや交通について
上高地へのアクセスや交通、基本的な情報については下記サイト(上高地旅行情報・観光ガイド)がわかりやすいです。参考にしてください。
https://www.kamikouchi.info/
冒頭にも書いたように、上高地については今後も、何回も記事にしていこうと思います。
次回は、往路のバスを大正池で下車、ルミエスタホテルで「河童のひるめし」弁当を買って、明神池に向かう、というコースも良いな、と思っています。「その場合、かっぱのムースはどうする!?」という妻の心配も考慮しつつ、計画を立てようと思います。

今回の植物散策のまとめ
●何度でも散策したい上高地の貴重な植生
●新緑はこの時期が最も鮮やか
●帰りのバスはバスターミナルから乗車がオススメ
●次回は「河童のひるめし」弁当を購入!
3TのTシャツとキャップを着用

今回も着用している、3TのTシャツとキャップ。

3Tのキャップ

3Tのキャップはロゴが控えめで、落ち着いたデザインが気に入っています。これからの季節、大活躍してくれそうです。

3Tはキャップもオススメ
今回も、3TのTシャツとキャップを着用しました。3Tは自転車はもちろん、アパレルもオススメです。キャップは、撥水加工が施されているので、アウトドアでの使用にもオススメです。3Tの公式サイト(http://3t-bike.jp/)でも詳細をご確認いただけます。


上高地の花ハンドブック [ 前田篤史 ]
created by Rinker
広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

神戸出身、2016年から信州在住。植物のある生活、自然の中での生活について、このサイト(サンブーカ)で記事を作っています。食や自転車、インテリアなど“イタリア的な山暮らし”の楽しさもテーマにしています。2019年~イタリア・トリノの自転車ブランド・3Tアンバサダー。