チゴユリの実

チゴユリの実
チゴユリの実。

夏が終わり、草花の勢いが弱まってくると、チゴユリの実をちらほらと見つけられます。

チゴユリは背が低いので、春の花の時期を過ぎると目立たず、夏の間は他の植物に隠れていて、秋になると再び顔を出すように感じるのです。

この記事ではチゴユリについて、信州の山間部・カラマツ林で見つけられる他の花や実と共に紹介します。

チゴユリの実の季節

花の後、膨らみ始めたチゴユリの実
花の後、膨らみ始めたチゴユリの実。

実ができる前、最初は緑色のマッチ棒のようです。

だんだんと大きくなり、丸くなった実を見つけるのは9月頃です。

実際には8月には実ができていますが、他の草花に隠れて、目につきにくいんですよね。

チゴユリの黄葉

黄葉したチゴユリの葉と熟した実
黄葉したチゴユリの葉と熟した実。

チゴユリは秋になると、葉が黄葉します。

この頃になると、他の多くの植物の葉は落葉していて、森が明るくなります。

なので、チゴユリの黄葉した葉は一層、明るい色に見えます。

チゴユリの花期

チゴユリの花
チゴユリの花。

冬を越して、春がくるとチゴユリの花の季節です。

樹々が芽吹きだした頃、4~5月(信州の山間部では5月)、比較的早い時期に開花します。

茎の先に1個か2個、白い小さな花(2~3㎝)が下向きに咲きます。

花言葉は「恥ずかしがり屋」だそうで、なるほど下を向いている花は照れているのか、シャイで控えめな印象です。

同じ時期の花

マイヅルソウの花
マイヅルソウの花。

チゴユリの花が咲いている同じ時期、同じ場所でよく見られる花としては、マイヅルソウ、アマドコロなどがあります。

マイヅルソウの記事でも書いたのですが)チゴユリ、マイヅルソウ、アマドコロのどれもが冬に実を見かけると「何の実だろう?」と気になる存在です。

マイヅルソウの実

マイヅルソウの実

名前の由来は「稚児のように小さい」ユリ

下向きに小さな花を咲かせます
下向きに小さな花を咲かせます。

漢字では「稚児ユリ」。

花が稚児のように小さいユリ、という名前です。

ユリだと思ってみると、本当に小さくて、ウサギくらいの動物にとってはちょうど良い大きさのユリかな? と感じます。

チゴユリの仲間とチゴユリ属

6個の花被片を付け、先はとがります。

同じチゴユリ属の植物としては、ホウチャクソウ、ホウチャクチゴユリ(チゴユリとホウチャクソウの雑種)、大型のオオチゴユリ(高さ40~70㎝)などがあります。

ちなみに、チゴユリは以前はユリ科でしたが、最新の分類ではイヌサフラン科チゴユリ属です(イヌサフラン科がユリ科から分割されました)。

一瞬で過ぎる、山の春と夏

春の終わりの時期、ハルゼミが鳴きだします(こちらは抜け殻)
春の終わり頃、ハルゼミが鳴きだします(こちらは抜け殻)。

チゴユリの花期が終わると、信州の山間部はハルゼミが鳴きだします。

背が小さいチゴユリは他の草花に圧倒されるようになり、その陰に隠れて夏が過ぎます。

チゴユリと山暮らしの四季

チゴユリの実
黒く熟したチゴユリの実。

やがて実を付けたチゴユリを見つけて、春と夏を振り返ります。
雪の中で過ごす、冬の準備期間に比べると花の季節はなんと短く、活動的なのでしょうね。

そんな風に、四季に思いを巡らす秋です。

しんとした森の中、聞こえるのは落ち葉を踏む自分の足音と、写真を撮るパシャリというシャッター音。

下から覗き込むようにして花を撮っていた事や、ハルゼミの鳴き声を、秋の実は思い出させてくれます。

植物名チゴユリ
漢字名稚児百合
別名
学名Disporum smilacinum
英名なし
科名・属名イヌサフラン科チゴユリ属
※旧分類ではユリ科
原産地日本、朝鮮半島、中国
花期4~5月
広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

神戸出身、2016年に信州の山奥に移住。植物のある生活、自然の中での生活について、このブログ(サンブーカ)で記事を作っています。食や自転車、インテリアなど“イタリア的な山暮らし”の楽しさもテーマにしています。2019年~イタリア・トリノの自転車ブランド・3Tアンバサダー。