kindleで読むという事

kindle(キンドル)で読む梶井基次郎の『檸檬』

「オススメの本」というよりは、コンテンツ、そのメディア、体験について、今回は書いてみたいと思います。
そもそも、僕のような田舎暮らしをしていると、本屋さんが近所にありません。昔であれば不便を感じていたと思うのですが、amazonとkindle(キンドル)がある今、不便を感じない上に、別の楽しさと便利さを得ています。

kindleでの読書体験

kindle(キンドル)等のデジタル端末・サービスによって、読書体験が変わってきています。こちらは梶井基次郎『檸檬(レモン)』を開いたところ。

書店業界の再編、amazonの登場

20年くらい前、僕は京都の本屋さんで働いていました。好きな本が棚に並んでいるのをウットリと眺めて、売れてしまうと残念に感じたり、今思えば商売に向いていない店員でした。休みの日も他の書店に行って、棚のチェック(?)をしたり、立ち読みするのが習慣になっていて、本棚の本を触りながら「いらっしゃいませ」と声を出してしまった事もありました。。。
丸善や駸々堂、他にも小さな書店が今よりもたくさんあって、書店巡りもアリな時代でした。

あれから時代は変わり、本を買うのはamazon(通販)が普通になり、レコメンド機能「この商品を買った人はこんな商品も買っています」、カスタマーレビュー(一般の人の書評)によって、本の選び方が変わりました。レビュアーの中には、とんでもなく参考になる書評を書く人もいて、書店巡りにはなかった体験が生まれました。

kindleの実用的な利点3つ

その後、kindleの誕生によって田舎暮らしに足りないものを補う環境が更に整います。
kindleの実用的な利点として、

  1. ほぼ無制限の本を小さな端末の中に所有できる(かさばらない)
  2. 無料で読める本が多い
  3. 夜でも読みやすい

という、大きくは3つの利点があります。「夜でも読みやすい」というのは田舎暮らしでは案外嬉しい事で、読書灯を点ける必要がなく、「夏場の虫」に対して有効なのです。都会に住んでいる人には想像できないくらい、山での暮らしには虫が身近にいます。夜、読書灯で読書をしようものなら、蛾や小さな虫が(大きな虫も)、本と顔の周りを飛び回ります。それが、kindleの優しい灯りだと大丈夫です(全くいないわけではありませんが)。

夏目漱石の『こころ』

こちらは夏目漱石の『こころ』。坂口安吾、北大路魯山人、宮沢賢治などもkindleで無料で読めます。

kindleが生み出す新しい体験

amazonとkindleの実用性は、田舎暮らしであれば尚更、活きてきます。虫問題に関しては特殊すぎる環境かも知れませんが、街の大きな書店に行かなくとも膨大な量の本にアクセスできるというのは、相対的には都市部よりも田舎暮らしの方が価値があるのは明らかです。夏目漱石や梶井基次郎、牧野富太郎博士の作品が無料で読めるという利点は、近くに書店があれば読む(もしくは読み返す)事はなかったかも知れないわけで、新たな読書ニーズを生み出しているとも言えます。辞書機能を使って洋書を読むと効率的な語学学習にもなります。

『植物一日一題』(牧野富太郎)から

牧野富太郎博士の『植物一日一題』もkindleで無料で読めてしまいます。

『森の生活 ウォールデン』(H.D. ソロー)も英語版は無料

『森の生活 ウォールデン』(H.D. ソロー)も英語版はkindleだと無料です。辞書機能を使って英単語を調べながら読んだり、kindleならではの読み方も新鮮です。

田舎暮らしこそkindleやSpotifyを

インターネットがなかったら、僕にとって田舎暮らしの価値は半減します。本や音楽(Spotifyを愛用しています)、益々盛り上がるインターネット上のコンテンツは、自然の中での暮らしの価値を高めてくれます。
新刊はほぼ全てkindleで読めるし、iPadがあれば最新の雑誌もカラーで閲覧できます。ほんの数年前まで考えられなかったような体験が、山奥でも可能になってきています。インターネットの中で、僕は昔の書店巡りとは別の楽しみを見つけています。

変わる社会と変わらないもの

とは言え、今でも街に出て、本屋さんに行くのは楽しみです。古い専門書や、ズラリと並んだ本棚から偶然見つける本。平積みコーナーから視覚的に入ってくる情報や、画集のような大きなサイズの本や独特な装丁、感触。それらはamazonやkindleにはありません。
丸善に行って、本を積み上げてレモン爆弾を仕掛ける。『檸檬』の世界観をなぞるのは、現代において、更に楽しさが増しているようにも思えます。

kindle(キンドル)で見る目次

目次から、クリックすると該当のページに行けるのは、植物図鑑的な内容にはピッタリですね。

活版印刷、写植、DTPと革新されてきた出版界は、媒体と共に変わっていくのでしょう。文庫や新書など、kindleに適している内容や表現方法や、スマートフォンでスクロールしながら読んでこそ活きてくる表現。この先には、全く想像もできないような体験があるのかも知れません。

本物のレモンの感触や香り

レモンの感触や香りは今のところ、kindleでもスマホでも、伝わりません。

レモンのつるりとした感触や香り。そんな形質は不変であり、変わっていくのは僕たちの目の前に広がる時間と、それらの共有が創る未来なのでしょう。

Amazon(アマゾン)Kindle Paperwhite キンドルペーパーホワイト 電子書籍リーダー 防水機能 2018年モデル[第10世代] (Wi-Fi/32GB/キャンペーン情報あり)

created by Rinker
広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

神戸出身、2016年から信州在住。植物のある生活、自然の中での生活について、このサイト(サンブーカ)で記事を作っています。食や自転車、インテリアなど“イタリア的な山暮らし”の楽しさもテーマにしています。2019年~イタリア・トリノの自転車ブランド・3Tアンバサダー。