『プラタナスの木』(小学校の教科書)感想文

光村図書の小学校4年生の国語の教科書(『プラタナスの木』収録)
小学4年生の国語の教科書(光村図書)。『プラタナスの木』が収録されています。

『プラタナスの木』は小学校4年生の国語の教科書に掲載されている物語です。

知らない人のために先に簡単にあらすじを紹介して、その後に僕の感想文を書きます。

『プラタナスの木』(小学校の教科書)のあらすじ

『プラタナスの木』のページ
『プラタナスの木』は小学校4年生の国語の単元の一つです。
しょうじ
まずは「あらすじ」です(知っている人は読み飛ばしてください)。

主人公は小学生のマーちん。
友達と集まってサッカーをする公園には大きなプラタナスの木がありました。

その公園で、マーちん達は一人のおじいさんと仲良くなります。
おじいさんは樹木の事にとても詳しい人でした。

夏休みになり、マーちん達はそれぞれ帰省したり旅行に出たり、地元を離れます。

夏休みが明けると、公園のプラタナスの木がなくなっていました。

台風のせいで倒れかかって、危険なので切られたのです。
プラタナスの木がなくなると、おじいさんも現れなくなりました。
『プラタナスの木』(椎名誠 作/中島梨絵 絵)※あらすじです。

『プラタナスの木』(大人の)感想文

しょうじ
ここから僕の感想文です。
おじいさんは誰に対しても平等だ。人だけでなく、植物に対しても。

帰省するマーちんに、おじいさんは言う。「お父さんのふるさとには、木がいっぱいあるだろう。みんなによろしく」。
おじいさんにとって、森の樹々は仲間なのだ。

プラタナスの木は、公園や街路樹に多い木だ。
明治時代に日本に移入された樹木なので、昔からの日本の山や森にプラタナスは生えていない。
おじいさんにとって日本の田舎の森の樹々が「みんな」だとしたら、世界中の木が皆、仲間なのだろう。

こんな場面もあった。
マーちん達がサッカーをしていて、ボールがおじいさんのところに転がると、おじいさんはいつもボールを大切そうにつかんでじっとしていて、こう言う。
「こうしていないと、どっちかが有利になってしまうかもしれないからね」。
マーちん達にも平等でありたいのだ。

マーちん達は、プラタナスの切り株から芽が出て、おじいさんにまた会えるよう願っている。
切られた枝や葉の代わりになって手を広げたのは、もしかしたら木の根が水分や養分を送れなくて困っている、という気持ちがあるのかもしれない。
もしくは、なくなってしまった枝や葉の代わりになって、光合成をしてあげたい、という事かもしれない。

いずれにせよ、おじいさんの樹々に対する姿勢はマーちん達に伝わったと言えるのではないだろうか。

もし、世界中のプラタナスの公園や並木でこうした伝播があれば、人も樹々も皆、仲間になる事ができそうだ。
平等に接すれば仲間になれるのか、仲間だから平等に接しようするのか。
どちらにしても、平等という姿勢は大切にしていきたいと思う。

何故こんな記事を作ったのか

台風が去った次の日
台風が去った次の日、森の樹々を見上げるマーちん。

僕が何故、小学校の教科書の単元の感想文を書いたのか。

たまたま内容を知って、自分が以前に書いた記事『プラタナスの並木』を思い出したのです。今回も少し書いたように、プラタナスは明治時代に日本に移入された樹木です。

日本で見かけるプラタナスは全てヒトによって植えられたものです。しかし、酷く剪定された姿をよく見かけます。

『プラタナスの木』のプラタナスは台風で倒れかけて切られましたが、台風がなくても、電線にかかってしまうとか、邪魔だという理由で枝を切られるプラタナス(街路樹)が多いのです。

いろんな事情があるのだろうし、全てを否定する事はできませんが、少なくとも僕は強剪定された木を見るたびに悲しくなるし、そうだからこそ、伸び伸びと育った樹々を見ていると気持ちが良いです。

僕が小学生の頃はYouTubeはもちろん、Googleやパソコンすらなかった時代です。今の子ども達は、感想文を書く時にGoogle検索したりするのかな? 

そんな時、こんな記事があっても良いんじゃないか? そう思いました。

子どもの頃に好きな事

プラタナスの切り株の上に立つマーちん達
プラタナスの切り株の上に立つマーちん達。

東京には大きなプラタナスを見られる公園がたくさんあります。

新宿御苑とか目黒の林試の森公園、小石川植物園とか。港区に「プラタナス公園」という公園もあります。

新緑のプラタナスの並木、林試の森公園にて
目黒、林試の森公園では3種類のプラタナス(スズカケノキ、アメリカスズカケノキ、モミジバスズカケノキ)を見比べる事ができます。

こうして書いていると、また東京に行きたいなあと思います(僕の家は山の中なのでプラタナスの木はないのです)。

そして写真を撮影して、文章にするのは僕の楽しみの一つです。そんな風に過ごしているのは、小学生の頃の自分と繋がっていると感じています。きっと皆、小学生の頃に好きな事は、大人になってからもずっと好きなんだと思います。

このブログは植物をテーマにしているので、おじいさんのように木の事はなんでも知っている、そうなれたら良いなと思います。

目指すは「みんなによろしく」でしょうか。

しょうじ
最後まで読んでもらってありがとうございました!
植物名 モミジバスズカケノキ※「プラタナス」はスズカケノキ科スズカケノキ属に属する植物の総称
漢字名 紅葉葉鈴懸の木
別名 カエデバスズカケノキ
学名 Platanus x acerifolia
英名 London planetree
科名・属名 スズカケノキ科スズカケノキ属
原産地 ※イギリスで作出された交配種
花期 5月
新緑のプラタナスの並木、林試の森公園にて

プラタナスの並木(街路樹とヒトの関係)

広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

神戸出身、2016年に信州の山奥に移住。植物のある生活、自然の中での生活について、このブログ(サンブーカ)で記事を作っています。食や自転車、インテリアなど“イタリア的な山暮らし”の楽しさもテーマにしています。2019年~イタリア・トリノの自転車ブランド・3Tアンバサダー。