プラタナスの並木

新緑のプラタナスの並木、林試の森公園にて

大阪で生まれ、神戸で育った僕が初めて東京に行った時の印象は「なんて緑が多い街なんだろう」という驚きでした(20年くらい前です)。今でもその印象は変わりません。むしろ知れば知るほど、その印象は強くなっています。

大阪では、大きな公園と言えば大阪城公園であり、街路樹と言えば御堂筋のイチョウ並木でした。神戸では灘区と須磨区に住みましたが、植物や緑は公園や街路樹ではなく六甲山でした。

そんな僕が東京に行って驚いたのは街中にある広大な公園と、太く立派に育った美しい並木の数々でした。
大阪も神戸も大きな街ですが、東京の主要な駅は大阪駅や三ノ宮駅よりもずっと大きく、しかもそれぞれに皇居や新宿御苑、代々木公園、日比谷公園など、とんでもなく大きな公園や大木の街路樹が至近距離です。

プラタナスの秋

プラタナスの秋。雄大な樹形と黄葉は青空に映えます。

明治時代、東京から広まったプラタナス

そんな緑が多い東京の中で、僕が特に東京らしいと思う樹種の一つがプラタナス=スズカケノキです。明治時代に移入された外来種で、最初に東京で植えられ(新宿御苑や小石川植物園、林試の森公園)、挿木で増やされていきました。正確には3種類のプラタナスがあり、国内で多いのはモミジバスズカケノキです。

プラタナスの実

プラタナスの実。綿毛がびっしりと詰まった不思議な形です。

無計画?酷く剪定される街路樹

自然や環境について考える時、都市における公園や街路樹、植物の果たす役割は大きいと思います。日本の場合、明治維新以降に急いで海外の様式を取り入れ、植物との付き合い方も急激に変化した経緯があります。戦争もありました。様々な要因がありますが、各地の街づくりは後手後手に回ってしまっている感は否めません。街路樹もその影響を受けています。

強く剪定され、ほとんど幹だけになったようなプラタナスを見るたびに、思うのです。
「何故、電柱を地中化しないのか?」「何故、もっと低い木を植えなかったのか?」。
乾燥や剪定に強く街路樹に向いている、と全国で植えられたプラタナスですが、こうした状況は樹木たちも想定していなかったでしょう。

植物と人が創る街

冬のプラタナスの並木、林試の森公園にて

冬のプラタナス。落葉すると、独特な樹皮や枝ぶりを観察しやすくなります。目黒区、林試の森公園にて。

ローマ時代から街路樹として植えられてきたプラタナスは、西洋の都市の景観の一部でもあります。都市への植物の取り入れ方、その根底にある自然観は西洋と東洋とでは異なりますが、日本の街づくりはその過渡期と言えます。

いずれにせよ、のびのびと育った樹木は見ていて気持ちが良いものです。
東京の公園や大通りを歩くと、写真を撮りたくなる風景にたくさん出会います。
新緑が作る柔らかい日陰や、空も地面も黄色く埋めるような秋の黄葉、落葉してシルエットだけになった冬の樹形。

夢中でシャッターを切る時、西洋でも東洋でも、どこの大陸でも構いません。そこにあるのは植物と僕たちとの関係性だと思うのです。
僕が好きなのは、植物と人が創る街、その象徴としてのプラタナスなのかも知れません。

植物名 モミジバスズカケノキ
漢字名 紅葉鈴懸の木
別名 カエデバスズカケノキ
学名 Platanus x acerifolia
英名 London planetree
科名・属名 スズカケノキ科スズカケノキ属
原産地 ※イギリスで作出された交配種
花期 5月
広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

神戸出身、2016年から信州在住。植物のある生活、自然の中での生活について、このサイト(サンブーカ)で記事を作っています。食や自転車、インテリアなど“イタリア的な山暮らし”の楽しさもテーマにしています。2019年~イタリア・トリノの自転車ブランド・3Tアンバサダー。