ミモザとネムノキ(マメ科のフサフサ花の仲間たち)

ミモザ(ギンヨウアカシア)の花
ミモザ(ギンヨウアカシア)の花。

ミモザとネムノキは同じマメ科です。

マメ科は非常に大きな植物群で、同じ科といっても多種多様です。

この記事では、その中でもミモザやネムノキ、オジギソウ等、ふさふさの花を咲かせる植物(ネムノキ亜科)について書いてみたいと思います。

ミモザとネムノキ、ふさふさの花を咲かせるマメ科の近縁種

ネムノキの花
ネムノキの花。

ミモザとネムノキは、分類としてはマメ科とされる事が多いですが、ネムノキ科もしくはマメ科のネムノキ亜科とされる場合もあります(APG植物分類体系)。

確かに、ダイズ(大豆)やハギ、フジなどの蝶形の花と、ミモザやネムノキのフサフサの花とでは、印象が随分と違います。

これら、ポンポンのような、フサフサの花のまとまりがネムノキ亜科と言えます。

ちなみにこのネムノキ亜科、英語ではMimosa family(Mimosaceae)です。

ミモザ?アカシア?(ネーミングの混乱)

ミモザはアカシア?
ミモザは「アカシア」と表記される場合もあります。

ネムノキ亜科が英語ではミモザ・ファミリー、というのはややこしいですが、それぞれの植物名についても複雑な状況があります。

まずミモザ。

正確にはミモザという植物名はありません(個人的にはミモザという呼び名で良いと思っています)。

一般的に、ミモザと言うとギンヨウアカシアとフサアカシアの事を指し、ややこしいのは「アカシア」とも呼ばれる事です。

アカシアという呼び方も、1000種類以上ある植物群(ネムノキ亜科アカシア属)を指す事になるので、大雑把な呼び方と言えます。

また、ニセアカシア(ハリエンジュ)という別の樹木もある事を考えると、アカシアという呼び方は混乱しそうです。

本来のミモザはオジギソウ

オジギソウの花
オジギソウ。学名はミモザ(Mimosa pudica)です。

こうした、ややこしいネーミングの始まりはヨーロッパです。

オーストラリア原産のフサアカシアがヨーロッパに渡り(19世紀)、オジギソウ(学名はミモザ)に似ている事から「ミモザ・アカシア」と名付けられた後、略してミモザと呼ばれるようになったという経緯があります。

オジギソウとネムノキ、「葉を閉じる」特徴を捉えたネーミング

ネムノキの花
ネムノキの葉は夜になると閉じます。

オジギソウはと言うと、オジギソウの学名「Mimosa pudica(ミモザ・プディカ)」のミモザは、古代ギリシャのミモス劇(mimos)が語源とされます。

ミモス劇とは、パントマイムの元になった身振り劇で、オジギソウ(ミモザ・プディカ)の「葉を閉じる」という特徴を、お辞儀をする、ヒトの真似をする、という風に見たネーミングなんですね。

そしてネムノキは「眠の木」の意味で、夜になると葉が閉じて眠るように見える事から付いた名前です。

それぞれ、特徴を捉えたネーミングであれば誰もが納得しやすい名前になるのでしょうね。

ミモザ・ファミリー(ネムノキ亜科)の旅

花瓶に挿したミモザ
花屋さんで買ってきたミモザを花瓶に。

ともあれ、21世紀の現代です。

様々な植物が世界中を行き来し、ネムノキ=眠の木というような名前の付け方は難しく、外国の言葉をそのままカタカナにする場合が多くなります。

覚えにくい植物名も多い中、ミモザという呼び名がここまで広まっているのは、ポンポン・フサフサの花の魅力はもちろん、言葉の響きの良さも功を奏したのかもしれません。

植物の、遠くへ旅をする為の戦略は様々ですが、ヒトの手や言葉を介したミモザの旅もまた、一つの形と言えるでしょう。

ミモザの日から想う初夏

ネムノキの豆果
ネムノキの豆果。マメ科だと実感する、冬の姿です。

北半球の3月は黄色い小さな花のミモザ・ファミリーの季節です(南半球は9月)。

初夏になれば、ピンク色の大きなミモザ・ファミリー、ネムノキの花が咲きます。

まだ肌寒く、ネムノキの枝に下がる実を眺めながら、夏の陽射しを想う3月8日です。

トルタ・ミモザ(ミモザのケーキ)

3月8日はトルタ・ミモザを作ろう(カステラでお手軽に)

植物名ギンヨウアカシア
漢字名銀葉アカシア
別名※ミモザはギンヨウアカシア、フサアカシアなどのマメ科アカシア属の植物の俗称
学名Acacia baileyana
英名Mimosa
科名・属名マメ科(ネムノキ亜科)アカシア属
原産地オーストラリア
花期2~3月
広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Shoji(しょうじ)
神戸出身、2016年に信州の山奥に移住。植物のある生活、自然の中での生活について、このブログ(サンブーカ)で記事を作っています。食や自転車、インテリアなど“イタリア的な山暮らし”の楽しさもテーマにしています。