3月8日はトルタ・ミモザを作ろう(カステラでお手軽に)

トルタ・ミモザ(ミモザのケーキ)
トルタ・ミモザ(ミモザのケーキ)。

毎年3月8日は「国際女性デー」、イタリアでは「ミモザの日」とも呼ばれています。

女性に感謝の気持ちを込めてミモザの花を送る他、トルタ・ミモザ(Torta mimosa)=ミモザのケーキも定番のようです。

そんな訳で、今回はトルタ・ミモザ作りに挑戦です。

ミモザの日のケーキ「トルタ・ミモザ」をカステラを使って簡単に

ミモザの花とケーキ
ミモザの花とケーキ。

「トルタ・ミモザ」の「トルタ」はイタリア語で「ケーキ」、「タルト」ではありません。

トルタ・ミモザの明確な定義はないですが、重要なのは「ミモザの花のように見えるかどうか」だと思います。

ミモザの花ぽくて、簡単なレシピはないものか?

とネットで探して、見つけたレシピがこちら、DELISH KITCHEN「マグカップでできる!いちごのミモザケーキ」

市販のカステラを使って簡単に作れて、ミモザ感もある、という事で今回は上記レシピを元に、トルタ・ミモザを作っていきます。

材料(2人分)

今回の材料たち
今回の材料たち。

材料は、どこでも手に入るものばかりです。

我が家のこだわりとしては(信州人です)、ツルヤのカステラを使用します(笑)。

材料(2人分)

・カステラ 5切れ
・イチゴ 3~5個
・生クリーム 200cc
・グラニュー糖 大さじ1/2
・粉砂糖 適量
・ミント 適量

「トルタ・ミモザ」作り方

カステラを切る

カステラを切ります
カステラを切って、薄切りの三角形を作ります。

カステラをカットし、5枚のうち4枚は5㎜くらいの薄切りにします。

薄切りの後、さらに半分に切って三角形にします。

カステラを削る

カステラを削ります
カステラを削ります(粉を作るイメージ)。

カステラの残りの1枚は、茶色い部分を切って、黄色い生地はザルでこします。

ツルヤのカステラはしっとりしているからか、「こす」というよりは「削る」ような感じで作業しました。

生クリームを泡立てる

生クリームを泡立てます
生クリームを泡立てます。

生クリームにグラニュー糖を加え、泡立てます(ツノが立つくらい)。

マグカップもしくはお茶椀にカステラを並べる

カステラを並べます
ラップをしたお茶椀に三角形のカステラ並べます。

元々のレシピではマグカップを使っているのですが、我が家には適当な形のマグカップがなく、お茶椀で代用しました。

お茶椀にサランラップをしいて、三角形に切ったカステラを並べます。

生クリームとイチゴを入れて冷蔵庫に

生クリームとイチゴを重ね入れます
生クリームとイチゴを重ね入れます。

生クリームと、食べやすい大きさにカットしたイチゴを交互に重ねて、最後はカステラで蓋をします。

その後、冷蔵庫で30分冷やします。

外側に生クリームを塗る

外側に生クリームを塗ります
外側に生クリームを塗ります。

冷蔵庫から取り出したらお茶椀(マグカップ)から外して、外側に生クリームを塗ります。

削ったカステラをまぶして、飾りつけ

カステラをまぶします
カステラをまぶし(くっつけ)ます。

生クリームの上から削ったカステラをまぶして、くっつけながらキレイに整えます。

粉砂糖をふるって、最後にイチゴとミントを飾りつけたら完成です!

完成!(味は?)

ミモザの花を眺めながら実食です
ミモザの花を眺めながら実食です。

食べてみると、中身が思ったよりもしっかり固まっていて、美味しいです!

カステラの甘さも、生クリームに入れる砂糖(グラニュー糖)を少なめにしているので、バランスが良いです。

こうしたレシピを考えられる人ってスゴイですね(今回はDELISH KITCHENのレシピから)。

ミモザの花とケーキで過ごす午後

ミモザの花
ミモザの花。

この日は花屋さんでミモザの花を買ってきたのですが、ほんのり香るミモザの花を愛でながらのティータイム、良い時間です。

3月8日は「国際女性デー」。

ちょうどこの時季、イタリアで満開になるミモザの花が象徴として選ばれたのが始まりで、今では政治的な意味合いは薄れているようです。

女性に感謝する、楽しいイベントのようになっているという「Festa della Donna(フェスタ・デッラ・ドンナ)」=女性の日、そしてミモザの日。

その鮮やかな黄色と、ポンポンのような愛らしい形の花が果たしてきたであろう、ミモザという植物の役割についても想像を膨らませる、3月8日でもあります。

植物名ギンヨウアカシア
漢字名銀葉アカシア
別名※ミモザはギンヨウアカシア、フサアカシアなどのマメ科アカシア属の植物の俗称
学名Acacia baileyana
英名Mimosa
科名・属名マメ科アカシア属
原産地オーストラリア
花期2~3月
ミモザ(ギンヨウアカシア)の花
広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Shoji(しょうじ)
神戸出身、2016年に信州の山奥に移住。植物のある生活、自然の中での生活について、このブログ(サンブーカ)で記事を作っています。食や自転車、インテリアなど“イタリア的な山暮らし”の楽しさもテーマにしています。