イタリアのビール、モレッティを飲み比べ

モレッティのビールを飲み比べ

今回の記事は、イタリア好きにはお馴染み、モレッティのビールについて。と言うのも、モンテ物産のキャンペーンに当選して、モレッティのビールを頂いたのです!

モンテ物産から送られてきたモレッティのビール

モンテ物産から届いた宅急便。中身はモレッティのビールです!

イタリア好きである我が家。このブログの名前をsambuca(サンブーカ)としていたり、“イタリア的な山暮らし”もテーマだったりします。そんな我が家にとって、モンテ物産は、昔からお馴染みの会社でした。以前に『サンブーカを買える&飲めるお店【CA’MONTE(カ・モンテ)】』という記事でそんな事も書きました。

モンテ物産のアンテナショップ「カモンテ」で飲むカフェ・サンブーカ

サンブーカを買える&飲めるお店【CA’MONTE(カ・モンテ)】

2019年3月23日
そんなこんなで、普段からモンテ物産のFacebookページをチェックしているのですが、今回は「世界ビールデー」(毎年8月の第1金曜日)に合わせた、モレッティ・ビールのキャンペーン。

実はモレッティのビールというのは1種類だけではなく、いろんなタイプのビールがあります。今回は4種類のビールを頂いたので、それぞれに合う料理を作って飲み比べしてみた、そんな記事となります。

オーソドックスなモレッティ・ビール

モレッティ・ビール

モレッティ・ビール。こちらが最も一般的なタイプです。

まずはモレッティのビールと言えばこちら、という「モレッティ・ビール」からスタートです。

一般的に、イタリアン・レストランで見かけるモレッティのビールは、こちらです。ピルスナータイプのオーソドックスなビールです。ピルスナーというのは日本でも最も飲まれているタイプで、アサヒスーパードライやキリン一番搾りもピルスナーですね。

アンティパスト・ミストとモレッティ・ビール

アンティパスト・ミスト(前菜盛り合わせ)で食事スタート。スッキリしたモレッティ・ビールはどの料理にも合います。

ピルスナーは、ゴクゴクと飲めるタイプで、味にクセがなくてスッキリしているので、どんな料理にも合いますね。前菜盛り合わせ(アンティパスト・ミスト)を食べながら、食事スタートです。

ラ・ビアンカ

モレッティの「ラ・ビアンカ」

「ラ・ビアンカ」。ヴァイツェンタイプです。ヴァイツェンとはドイツ語で「weizen」(小麦)だそうで、ドイツ発祥です。

2本目は「ラ・ビアンカ」。こちらはヴァイツェンタイプ。無濾過なので、少し濁った色合いで、香りが華やかのも特徴です。塩味が強めの料理が合うだろう、という事で今回はインゲンマメのソテーと共に。

インゲンマメのソテーとモレッティ「ラ・ビアンカ」

「ラ・ビアンカ」はインゲンマメのソテーと。

「ラ・ビアンカ」を注ぎます

注ぐと、少し白っぽい色です。

ちなみにインゲンマメはマメ科インゲンマメ属で、アメリカ大陸からコロンブスによってヨーロッパに、その後に日本に伝わったという植物です。一年に3回収穫できる、という意味の三度豆という関西での呼び名もありますが、いろんな意味で、マメ科ならではの生命力の強さを感じられる植物ですね。

ラ・フォルテ

モレッティの「ラ・フォルテ」

次は「ラ・フォルテ」。

ちょっと脱線しました。3本目は「ラ・フォルテ」。“フォルテ”はイタリア語で「強い」。アルコール度数7%、と名前の通りアルコールが強いですね。

ポークソテーのブルーベリーソース

「ラ・フォルテ」にはポークソテーのブルーベリーソースを。

香り高く、濃厚な味わいの「ラ・フォルテ」に合わせた料理はポークソテーのブルーベリーソース。赤ワインと一緒に食べる事が多い料理ですが、「ラ・フォルテ」も合いますね。ブルーベリーの香りや酸味と一緒になって、豚肉の美味しさを引き立ててくれます。

「ラ・フォルテ」のボトルは緑色

「ラ・フォルテ」のボトルは緑色です。

ちなみにブルーベリーはご近所さんにいただいたものです。信州ではブルーベリー狩りも盛んだし、我が家は野イチゴも食べます。以前に『夏のベリー(ナワシロイチゴの花)』という記事を作っています。

ナワシロイチゴの花

夏のベリー(ナワシロイチゴの花)

2018年8月16日

ラ・ロッサ

モレッティの「ラ・ロッサ」

4種類目は「ラ・ロッサ」。2人でシェアしているとはいえ、かなり酔っぱらってきました(笑)。

夕方、テラスでスタートした食事も終盤です。室内に移動して4本目のビールは「ラ・ロッサ」。こちらもアルコール度数7.2%、強いです。ホームページによると「2018年iTQi(International Taste & Quality Institute:国際味覚審査機構)ダイヤモンド味覚賞受賞)」とあります。なんだかスゴいですね。

「ラ・ロッサ」は黒ビールタイプ

「ラ・ロッサ」は黒ビールタイプです。

こちらは黒ビールタイプ。「カラメルのようなフレーバー」とありますが、まさにそんな感じで、ブルーチーズのパスタと合わせると、ピッタリです! チーズと蜂蜜がマッチするような、そんな美味しさにも似ていますね。

「ラ・ロッサ」とブルーベリーチーズソースのパスタ

「ラ・ロッサ」には、ゴルゴンゾーラチーズのパスタを。

4種類を飲み比べてみましたが、やはり楽しいですね。ビールもこうして、それぞれの種類をじっくりと味わって、さらにペアリングも楽しむのは、とても豊かな気持ちになれます。ワインよりも手軽で、少人数だと量もちょうど良いかもしれません。

食後のカッフェ・タイム

食後のエスプレッソとモレッティ・ビールの王冠

食後はビールの王冠を眺めながらのカッフェ・タイム。

イタリアというとビールよりもワインが有名ですが、最近は本国でもビールの人気も高まっているようです。以前イタリア旅行した時に飲んだ、モレッティのIPAの写真を最後に載せておきます。

モレッティの生ビール(ローマ・テルミニ駅のフードコートにて)

モレッティのIPA(ローマ・テルミニ駅のフードコートにて)。

モンテ物産には今後も末永くお世話になりそうです!

広告
広告

2 件のコメント

    • >若草様
      コメントありがとうございます!そして先ほどはお疲れ様でした!
      ビール瓶、集めていらっしゃったとは!
      また次回、モレッティのビール瓶(他のビールでも)、
      デザインが良い瓶があれば、お知らせしますね(^。^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    神戸出身、2016年から信州在住。植物のある生活、自然の中での生活について、このサイト(サンブーカ)で記事を作っています。食や自転車、インテリアなど“イタリア的な山暮らし”の楽しさもテーマにしています。2019年~イタリア・トリノの自転車ブランド・3Tアンバサダー。