イタリアンジェラートを食べる・作る

イタリアンジェラートを作ってみました

イタリアンジェラートのお店が増えています。季節の果物や野菜、地元の素材を使ったジェラートも多くて、どのお店も地産地消やローカルフードといったイタリア的なこだわりがあるように思います。

サイクリングの休憩にジェラートを

サイクリングの途中、ジェラートのお店に立ち寄り。

そんなイタリアンジェラート、自分で作れないかな? とチャレンジしてみた、今回はそんな記事となります。

初挑戦の今回はブルーベリーのジェラート

Google検索すると、たくさんレシピが見つかりますが、ポイントの一つは「なめらかな口溶け」のようです。材料の性質によって“なめらかな口溶け”の難易度が違うらしく、乳脂肪分や油分を多く含んでいるレシピだと比較的簡単にできそうです。

ブルーベリーの木

ブルーベリーの木。信州では、ブルーベリーの栽培が盛んです。

いろいろ考慮した結果、初めてのイタリアンジェラート作りは「ブルーベリー」に決定。夏のこの時期、我が家にはブルーベリーの在庫が大量にあるので、ちょうど良いのです。

ブルーベリーのジェラートの材料

左からブルーベリージャム(自家製)、生クリーム、牛乳。

ブルーベリージャムの作り置きがあるので、今回はジャムを使います。

材料(4~5人分)
●ブルーベリージャム 100g
●生クリーム 200ml
●牛乳 200ml

ボウルに材料を入れて混ぜる

材料を混ぜます

ボウルに材料を入れて、ダマにならないように混ぜます。

それぞれの材料を、何回かに分けてボウルに入れながら、混ぜます。

冷凍庫に入れます

ラップをして冷凍庫に入れます。ボウルだと場所を取りますね。

混ぜ終わったら冷凍庫に。ステンレス製で、深さのある平らな容器が最も適しているようなのですが、我が家にはないので、ボウルで代用です。

冷凍庫から出して混ぜる&練る

まだほとんど固まっていないです

冷凍庫から取り出すと、まだほとんど固まっていないです。

1時間くらいしたら、冷凍庫から出します。周りから固まり始めるので、スプーンで全体が均一になるように混ぜて&練って、冷凍庫に戻します。

「冷凍庫から出して混ぜる&練る」の繰り返し

少し固まり始めた状態

少し固まり始めました。混ぜて混ぜて、練って練って。また冷凍庫に戻します。

また1時間くらいしたら冷凍庫から出して、混ぜて&練ります。しっかりと固まるまで、これを何度も繰り返します。

完成!

半日くらいして、やっと完成です!

半日くらいして、やっと完成です!

何度も冷凍庫から出しては入れて、結局半日くらいかかりました。平らなステンレス容器を使っていたら、もう少し固まるのが早いのでしょうが、今回はボウルを使ったので、予想以上に時間がかかりました。

完成したブルーベリーのジェラート

完成したブルーベリーのジェラートを、3Tのカップに盛り付けてみました。

食べてみると、なかなか美味しいです! 初めてにしては上出来だと思います。今回は牛乳と生クリームを使った初心者向けのメニューだからなのでしょうが、もっといろいろチャレンジしてみる価値はありますね。

初めてのジェラート作りは大成功

初めてのジェラート作りは大成功(だと思います)。

“なめらかな口溶け”になっているかな?

“なめらかな口溶け”になっている感じです!

そして、作ってみるとプロの味の美味しさの理解が深まりますね。こんな本も読んでみました。

おうちで作るイタリアンジェラート [ 齋藤 由里 ]
created by Rinker
『おうちで作るイタリアンジェラート』著者の齋藤由里さんはフィレンツェで修行したという本格派。なめらかさを出すための素材や、甘みをつける素材(グラニュー糖をほとんど使わないそうです)など、独特なレシピで、興味深いです。この本に載っているレシピで、また作ってみようと思います。

ブルーベリーの木

信州で多いのは、耐寒性のあるハイブッシュ系のブルーベリー。むしろ冬季の低温を必要とする植物で、夏の鮮やかさを共に味わう存在でもあります。

そろそろ秋の花も咲き始めた信州の山奥ですが、まだまだサイクリングが気持ち良い季節。どこか自転車に乗ってジェラテリアに行くのも楽しみです。

植物名 ブルーベリー
漢字名 なし
別名 ヌマスノキ(沼酢の木)
学名 Vaccinium
英名 Blueberry
科名・属名 ツツジ科スノキ属
原産地 アメリカ大陸
花期 3~5月※品種により異なる
広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

神戸出身、2016年から信州在住。植物のある生活、自然の中での生活について、このサイト(サンブーカ)で記事を作っています。食や自転車、インテリアなど“イタリア的な山暮らし”の楽しさもテーマにしています。2019年~イタリア・トリノの自転車ブランド・3Tアンバサダー。