ヌテラとは【世界のnutellaと朝ごはん】

スペインのnutella(ヌテラ)
スペインで売られていた、特別パッケージのnutella(ヌテラ)。

ヌテラとは、イタリアのヘーゼルナッツ・スプレッド(ペースト)です。

イタリアはもちろん、世界中で朝ごはんの定番ですが、そんなヌテラの世界的な事情や食べ方、ヌテラのお菓子やそっくりな商品、最も安く買えるコストコの情報まで個人的な思い入れ(?)と共にヌテラを紹介します。

ヌテラとは、世界の朝ごはんの定番

背面のメッセージ「1日のスタートはヌテラで」
背面に「1日のスタートはヌテラで」とあります。

晩ご飯やランチに比べると、朝食というのは習慣のような要素が強く出ます。

お米かパンかシリアルか、という炭水化物の選択はもちろん、卵焼きやベーコンなどと合わせるか否か、またその焼き方についてとか、付け合わせも人それぞれ、定番というのがありそうです。

僕の場合、パンにnutella(ヌテラ)というのがここ数年の定番で、このヘーゼルナッツスプレッドについて、以前から記事にしたいと思っておりました。

created by Rinker
¥487 (2021/10/20 13:29:40時点 楽天市場調べ-詳細)

nutellaの読み方は「ヌテラ」?「ヌテッラ」?

本題に入る前に、nutellaの読み方について。

本国イタリアでの発音は「ヌテッラ」なのですが、日本で販売されているnutellaには「ヌテラ」と書いてあります。

なので、ここでの表記も「ヌテラ」にします。

世界のヌテラいろいろ(人気ぶりを紹介)

こちらは日本で普通に見かけるタイプ
こちらは日本で普通に見かけるタイプ。

日本では、大きなスーパーマーケットとか、カルディなどの輸入食材の店では見かけるヌテラですが、ミニオンズ柄のものが売られていたり、子ども向け? という印象もあります。

そもそも知らない人も多いと思います。

海外に行くと、その人気ぶりに驚きますが、まずはそんな世界のヌテラの様子を。

イタリア

ヌテラが塗られたクロワッサン・NUTELLOSE(ヌテローズ)
ヌテラが塗られたクロワッサン・NUTELLOSE(ヌテローズ)。

原産国のイタリアでは、ヌテラを塗ったパンとカプチーノ、というのが朝食の大定番で、他にも関連商品がたくさん売られています(後述します)。

スペイン

スペインの特別パッケージのヌテラ
スペインの特別パッケージ。どれも芸術的です。

スペインも、イタリアと同じように「ヌテラ味」の製品やメニューがたくさんあります。

上の写真は特別パッケージで、デザイン性の高さは大人向け(?)を証明しているかのようです。

バリ島

バリ島のヌテラ・カフェ「SWEET CHOCO」
バリ島のヌテラ・カフェ「SWEET CHOCO」。

数年前(2017年)、旅行で訪れてビックリ!
ヌテラのカフェ(専門店)がありました。

ヌテラ好きにはたまらないお店です。

「SWEET CHOCO」のメニュー
「SWEET CHOCO」のメニュー。ヌテラ付きのメニューがずらり。

もう一つ、バリ島で印象的だったのは、宿泊していたホテルで、マイ・ヌテラ持参のオーストラリア人を目撃した事です。

日本人の梅干しのような感覚でしょうか。

日本で販売されているヌテラはオーストラリア製だし、オージーは甘いもの好きが多いのでしょうか(ティムタムの例もありますし)。

アメリカ

ニューヨークのホテルの使い切りヌテラ
使い切りのヌテラ。

妻がニューヨークで受けたビジネスセミナーでは、滞在したホテルの朝食で使い切りサイズのヌテラが出てきて、お土産に持って帰ってきてくれました。

フランス

ニュースで知りましたが、大手スーパーマーケットのアンテルマルシェがヌテラの70%オフ・セールを行ったところ、買い物客が殺到して商品の奪い合いになり、暴動のようになってしまったそうです。。。

あと、フランスの某有名シェフが来日した際、「何故、日本ではヌテラを見かけないんだ⁉」と不満をこぼしたという話しを聞いた事があります。

ヌテラの食べ方

パンに塗る(基本)

パンに塗ったヌテラ
パンに塗ったヌテラ。

パンに塗って食べる、というのがヌテラの食べ方の基本ですが、前述のバリ島の専門店のように、いろんな食べ方があります。

牛乳と混ぜる

ヌテラを牛乳に
ヌテラを温めた牛乳に。

ホットミルクに混ぜて飲む、というのも美味しいです。

残り少なくなった時、ヌテラのボトルに直接ホットミルクを入れる、という有効利用もオススメです(笑)。

特別パッケージがたくさんあるヌテラ

スペインのスペシャル・パッケージのヌテラ
前述の、スペインの特別パッケージ。

ヌテラには関連商品や特別パッケージがたくさんあります。

海外では「パーソナル・ラベル」という、オリジナルのラベルを作れるキャンペーンがあったりします。

クリスマス限定バージョンも

nutellaのクリスマスバージョン
こちらはクリスマスバージョンの特別パッケージ。

日本では普段ほとんど見かけない特別パッケージですが、クリスマス限定バージョンがカルディで売られている事があります。

ヌテラのクリスマス限定版

ヌテラのお菓子

グリッシーニ付きの「ヌテラアンド ゴー!」
グリッシーニ付きの「nutella & GO!」。

ヌテラを使ったお菓子もあります。

グリッシーニ付きの「nutella & GO!」(ヌテラアンドゴー)の他、フェレロ社(ヌテラのメーカー)の商品としてフェレロ・ロシェやKinder(キンダー)などがあります。

グリッシーニ付きのヌテラ「nutella & GO!」

他社だけどヌテラに似た商品

ヌテラの人気ぶりを証明するかのように(?)、ヌテラには類似品がいくつか存在します。

Nutkao(ヌットカオ)

Nutkao(ヌットカオ)のミニチュア・マグネット
Nutkaoのミニチュア・マグネット。

まず、Nutkao(ヌットカオ)。

こちらもイタリア製で、日本では業務スーパーで売られています。

左からNutkaoとDarlet、そしてヌテラ。

NuCrema(ヌークレマ)

NuCremaとヌテラ
左はNuCrema。

こちらもヌテラに似た商品、NuCrema(ヌークレマ)。

ギリシャの商品で、スーパーマーケット「ラ・ムー(LAMU)」で売られています。

NuCremaとヌテラ

コストコで購入(最安値)orカークランドも狙い目

コストコの「ヘーゼルナッツ チョコレート スプレッド」(左)
コストコの「ヘーゼルナッツ チョコレートスプレッド」(左)。

日本国内でヌテラを買う場合、コストコに触れないわけにはいきません。

コストコだとヌテラの大きなサイズ(1kg)が1118円、と安く買えます(年会費は別途必要ですが)。

また、コストコのPBブランド・カークランドで「ヘーゼルナッツ チョコレートスプレッド」が販売されているのです(1kgが2個セットで1228円)。

量が多いので、ヘビーユーザー向けではありますが、本家のヌテラよりもヘーゼルナッツ味が濃くて個人的にはとてもオススメです。

コストコで買えるヌテラとその仲間たち

ヌテラの歴史(誕生のきっかけは戦時中のココア不足)

イタリアのnutella
こちらはイタリア本国のヌテラ。日本の容器はプラスチック製ですが、イタリアはガラス製です。

世界中で人気のヌテラですが(公式サイトによると160ケ国以上で販売されているそうです)、元々イタリアで大戦中に配給制になってココアが不足し、当時ピエモンテ州で豊富だったヘーゼルナッツが使用されたのがヌテラの原型なのだとか。

ヌテラの原料=セイヨウハシバミとカカオの出会い

ヌテラの原料はヘーゼルナッツとカカオ
ヌテラの原料はヘーゼルナッツとカカオ、植物油脂など。

ヌテラの原料はセイヨウハシバミの果実(堅果)=ヘーゼルナッツとカカオです。

ヘーゼルナッツは古くからヨーロッパで食用にされてきた植物で、カカオは熱帯植物です。

その二つがコーヒー(エスプレッソ)の国・イタリアで組み合わさった事は、ヌテラが世界に広がる好条件だったのかも知れません。

これらのペアリングの良さは「ヌテラを塗ったパンとカプチーノ(コーヒー)」の、どの要素も替えが効かない事が表していると思います。

ヌテラと米や、ヌテラと緑茶では、どうもしっくりきません。

まとめ(信州の山奥の朝ごはん)

nutellaの使い切りサイズと、奥はスペインの限定パッケージ
朝ごはんにヌテラのような甘いもの、というのは日本では抵抗がある人も多いですよね。

長々と書いてきましたが、朝食を楽しめるというは、なんて贅沢なんだろうと思います。

我が家では冬の寒い日、外はマイナス15℃にもなって、ヌテラをしっかり伸ばすには温めないといけないのですが(冷えて固まっています)、パンと一緒に口に含むと、ほんわかと気持ちを暖めてくれます。

カフェオレの苦さがヌテラの甘さを引き立ててくれて、至福の時間です。

じっくり味わっていると、妻が「子どもの食べ物!」と。

そんな時も僕はニンマリ(気にしない)。

今この瞬間も、世界のあちこちで同じようなニンマリがあると思うと、平和な朝は良いものだとしみじみです。

created by Rinker
¥487 (2021/10/20 13:29:40時点 楽天市場調べ-詳細)
広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Shoji(しょうじ)
神戸出身、2016年に信州の山奥に移住。植物のある生活、自然の中での生活について、このブログ(サンブーカ)で記事を作っています。食や自転車、インテリアなど“イタリア的な山暮らし”の楽しさもテーマにしています。