サンブーカの銘柄と種類

サンブーカにはたくさんの銘柄が
サンブーカにはたくさんの銘柄があります。

サンブーカはたくさんのメーカーから発売されていますが、日本国内で手に入るのは5種類くらいです。

たくさんあるサンブーカの銘柄と種類

いくつかサンブーカの銘柄を紹介します
いくつかサンブーカの銘柄を紹介します。

具体的に、サンブーカの銘柄をいくつか。

モリナリ

モリナリ社の「サンブーカ・エクストラ」
モリナリ社の「サンブーカ・エクストラ」。

最もメジャーなのがモリナリ社の「サンブーカ・エクストラ」。

1945年から発売されていて、日本国内でもモンテ物産がインポーターという事もあり(大手なので)、入手しやすいです。
アルコール度数は40度です。

モリナリ・サンブーカ・エクストラ
created by Rinker

ヴァッカリ

ヴァッカリ・サンブーカ
ヴァッカリ・サンブーカ。

1990年に発売された、比較的新しい銘柄です。
アルコール度数は38度です。
イタリアのブランドですが、現在はオランダのBOLS(ルーカス・ボルス)傘下です。BOLSのカラフルなリキュールの瓶は日本でもよく見かけますね。

アンティカ

アンティカ・サンブーカ
アンティカ・サンブーカ。

グラッパも有名な、ロッシ・ダシアーゴ社のブランド、アンティカ。

一般的な「クラシック」(青いラベル)に加えて「フレイバー」シリーズもあります。
写真の「ラズベリー」の他にコーヒー、アップル、バナナなど合計6種類のフレイバーがあります。
アルコール度数は38度。

ラマゾッティ

RAMAZZOTTI(ラマゾッティ)のサンブーカ
RAMAZZOTTI(ラマゾッティ)のサンブーカ。

ラマゾッティは「アマーロ」の方が有名かもしれませんが、サンブーカもあります。
上の写真はイタリアのスーパーマーケットで見かけて撮ったものです。
こんな感じでズラッと並んでいるほど、本国ではメジャーです。
しかし、日本国内では見かけないです。

その他

イタリアで飲んだ「BORDIGA」サンブーカ
こちらはイタリアで飲んだ「BORDIGA」サンブーカ。

イタリアでは他にも、いろんなサンブーカを目にしますが、日本では他に「ハイラムウォーカー・サンブーカ」か「ベルタ・ディ・アニゼ・サンブーカ」くらいです。

以前は「ガリアーノ」というブランドのサンブーカも見かけたのですが、最近は見かけません。

ブラック・サンブーカ

ブラック・サンブーカという種類もあります
ブラック・サンブーカという種類もあります。

前述のサンブーカは一般的な無色透明のサンブーカですが、ブラック・サンブーカというのもあります。

オパール・ネラ

オパール・ネラ・ブラック サンブーカ
こちらは「オパール・ネラ・ブラック サンブーカ」。

こちらは銘柄としては「オパール・ネラ」が有名で、日本国内でも手に入ります。

味は無色透明のサンブーカと同じ系統です。
ちょっと柑橘系の味が強いかな、という印象ですが基本的には同じ味で、特徴的なのは味よりも色です。

注いで見ると、ホントに黒い色です(ブラック・サンブーカ)
注いで見ると、真っ黒です。

これだけ真っ黒なリキュールも珍しいでしょうね。
アルコール度数は40度です。

オパール・ネラ・ブラック・サンブーカ
created by Rinker
ちなみに、上記のモリナリとヴァッカリから、イタリアでは黒いボトルが販売されていますが、どちらも「コーヒー味」です。
オパール・ネラとは別の種類のものですね。

値段や味について

エスプレッソに注いで「カフェ・サンブーカ」に
味は、どの銘柄も「甘い&アニス系の香り」が共通しています。

値段は、2000円~3000円の銘柄が多いですが、「ベルタ ディ アニゼ サンブーカ」が少し高くて5000円以上します。

味については、どの銘柄も甘くてアニスの香りが効いている、というのは共通です。
モリナリ社のは甘さが強いかな?と感じますが、エスプレッソに加えて飲む(カフェ・サンブーカ)とかだと、違いはあまりわからないです。
アルコール度数も、どれも同じくらいで38から40度です。

僕もまだ試した事がない銘柄もあるので、新しい銘柄を飲む機会があれば、この記事にまた追記していきます。

あと、サンブーカの原料や飲み方、お菓子など網羅的な情報については『サンブーカ(イタリアのリキュール)まとめ』をご覧ください。

サンブーカはアニス系のリキュール

サンブーカ(イタリアのリキュール)まとめ

広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

神戸出身、2016年に信州の山奥に移住。植物のある生活、自然の中での生活について、このブログ(サンブーカ)で記事を作っています。食や自転車、インテリアなど“イタリア的な山暮らし”の楽しさもテーマにしています。2019年~イタリア・トリノの自転車ブランド・3Tアンバサダー。