サンブーカのプリン(薪ストーブ・クッキング)

サンブーカのプリン
サンブーカのプリン。

サンブーカというリキュールは、お菓子・デザートにもよく合います。ラムやブランデーを使うレシピで代わりにサンブーカを使うと、アニスの香りが面白いアクセントになってくれます。そんな訳で、今回はサンブーカを使ったプリン作りにチャレンジ。我が家の場合は山暮らしらしく、薪ストーブを使って調理します。

※他のサンブーカ関連記事についてはcategory「サンブーカ/イタリアのお酒」をご覧ください。

材料(3~4人分)
●牛乳300ml
●砂糖30g
●卵1個
●ドライフルーツ少し
●サンブーカ少し

牛乳に砂糖、卵を混ぜる

プリン液を作っていきます。

牛乳に砂糖を混ぜます
温めた牛乳に砂糖を加えます。
砂糖を加えた牛乳を混ぜます
混ぜます。

次に、卵も加えて混ぜます。

卵も加えます
卵も加えます。
卵も加えて混ぜます
さらに混ぜます。

混ざったら、プリンカップ(耐熱のもの)に入れます。この時、ザルでこしながら入れたほうが滑らかになります。

プリンカップに注ぎます
耐熱のプリンカップに注ぎます。

薪ストーブで蒸す

薪ストーブ
今回は薪ストーブで調理します(オーブンでも大丈夫です)。

直火OKの鍋に入れて、底にお湯を張って蒸し焼きにします。

鍋の底にお湯を張ります
鍋の底にお湯を張ります。

薪ストーブの温度は今回は150℃(薪ストーブの温度としては低めです)でやってみました。

薪ストーブのサーモメーター
薪ストーブの温度は150℃くらい。ちなみにこちらはファイヤーサイドのサーモメーター。
炉内に鍋を入れます
炉内に鍋を入れます。これで約10分。
薪ストーブから鍋を取り出します
薪ストーブから鍋を取り出してプリンを冷まします。

ドライフルーツをサンブーカに浸す

モリナリ社のサンブーカ
このブログでお馴染み、モリナリ社のサンブーカ。

ここでサンブーカ登場です。干しブドウとか、ドライフルーツをサンブーカに浸します。今回は、カルディコーヒーファームのドライフルーツを使いました。

カルディコーヒーファームのドライフルーツ
カルディコーヒーファームのドライフルーツ。
カルディコーヒーファームのドライフルーツ
カラフルなので、今回のプリンに合うのでは?というチョイスです。

ドライフルーツをサッと茹でて、水気を切ったあとサンブーカに浸します。

ドライフルーツにサンブーカを
ドライフルーツをサンブーカに浸します。

冷ましたプリンにフルーツ&サンブーカをかけて完成

プリンにサンブーカ・フルーツをかけます
プリンの上にラムレーズンならぬ、サンブーカ・レーズン(フルーツ)を乗せました。

冷ましたプリンに、サンブーカに浸したフルーツをかけたら完成です。

食べてみると、アニスの香りとドライフルーツの酸味があって、ラム酒やブランデーとはまた違う美味しさがあります。プリン自体は「す」が入ってしまいましたが、薪ストーブの温度管理とか、今後の改善を楽しみたいですね。いろんな意味で、他では味わえないプリンになったと思います。

アマレットも試してみました

アマレット(ディサノーロ・アマレット)
こちらはディサノーロ・アマレット。

サンブーカと同じような飲み方ができるリキュール、アマレットも試してみました。アーモンドのような香りがする甘いお酒で、こちらもサンブーカと同様、コーヒー(エスプレッソ)やデザートにもよく合います。ちなみにディサノーロ・アマレットはイタリアのファッションブランドとのコラボ・ボトルも発売されていて、今年(2019年)はディーゼル(DIESEL)です。

アマレットに浸したドライフルーツ
アマレットに浸したドライフルーツ。

食べてみると、ほぼ杏仁豆腐です(笑)。これはこれで美味しいですね。

このブログの名前を「サンブーカ」としているので、時々サンブーカについての記事を作っていますが、かなりマニアックになってきました。そのうちモリナリ社の工場見学に行ったり(!?)なんて事もあるかも知れません。そんな可能性も含めて、長い目でこのブログの成長を楽しんでいただけたらと思います。

モリナリ サンブーカ エクストラ 700ml
created by Rinker
ディサローノ アマレット 28度 700ml
created by Rinker
広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です