ステイホームでお菓子作り(ムーミンのクッキー型)

マスクをしたムーミンたち
マスクをしたムーミンたち。

最近、お菓子作りにハマっています。今回はムーミンのクッキー型(Martinexの型抜き)を使って、ジンジャークッキーを作りました。時節柄、マスクを着用させたいと思ってアイシングしてみました。

今回は写真で完成品を簡単に紹介します。

ステイホームでお菓子作り

並べると壮観です
並べると壮観です。

お菓子作りって時間がかかるから、在宅時間が長い人には良いですよね。今回のクッキーは生地を1週間寝かせてから焼いて、仕上げにアイシング。途中、失敗作を大量に試食しつつ、なんとか完成しました。

アイシングは「マスク」の質感にもオススメ

作ったのは5種類
左からスナフキン、ムーミンママ、ムーミン、ミイ、そしてニョロニョロ。

アイシングはマスクの質感がけっこう表現できると思います。デザイン的に難しいのは、スナフキンやミイ、ニョロニョロでしょうか。ムーミンのように、口元が大きくないと描きにくいですね(笑)。

ステイホームが苦にならないであろう、ムーミンママ

マスクをしたムーミンたち
ムーミンママは「ステイホーム」が得意(!?)

原作の「ステイホーム」なメッセージを一つ、紹介しておきます。

ムーミンママのセリフです。

どうして、自分んちが
すきじゃないの?
帰ってきたときは
前よりすきになってるわよ。
「南の島へくりだそう」(『ムーミン谷のひみつの言葉』冨原眞弓)

ムーミンパパやスノークの女の子は、遠くへ旅したり未知なるものへの憧れがあるんですよね。それに対してムーミンママは、ムーミン谷での生活に満足していて他の土地への関心がありません。

ムーミン谷にも新型コロナの影響があるとしたら、「ステイホーム」でも動じないのがムーミンママで、ムーミンパパはというと、どこかへ出かけたくてうずうずしているかもしれません。

もう少し「Stay Home」ですね

ムーミンの家と「Stay Home」をフライパンに
ムーミンの家と「Stay Home」をフライパンに。

5/9現在、日本国内は少し落ち着いてきたかな?という印象の新型コロナです。しかし、信州の山間部では、オートバイの集団が多いです。釣り人も多いです。どの程度の「お出かけ」やアクティビティまでが許容されるのか、意見は様々だと思いますが、できる限り接触を減らした方が良さそうですよね。

無事に収まる事を祈りつつ、もうしばらく辛抱して「ステイホーム」を楽しもうと思います。

「自分ち」の良さを再確認

こちらはムーミン
こちらはムーミン。

上記『ムーミン谷のひみつの言葉』では、冨原眞弓さんがこんな諺を紹介してくれています。

「よそもいいけど、うちはもっといい(ボルタ・ブラ、ヘンマ・ベットレ)」
※スウェーデンの諺

北欧の人たちは総じて「自分ち」が好きなんだそうです。お菓子作りにも、そんな「コツ」のようなものが感じられます。

このジンジャークッキーのレシピ記事も作りました。

ムーミン達のジンジャークッキー、マスク着用

ジンジャークッキー・スウェーデン風(ムーミンのクッキー型で作成)

広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

神戸出身、2016年に信州の山奥に移住。植物のある生活、自然の中での生活について、このブログ(サンブーカ)で記事を作っています。食や自転車、インテリアなど“イタリア的な山暮らし”の楽しさもテーマにしています。2019年~イタリア・トリノの自転車ブランド・3Tアンバサダー。