キンダー・チョコとハッピーヒッポ【カルディとプラザでGET】

ハッピーヒッポとキンダーのお菓子たち&ヌテラ
ハッピーヒッポとキンダーのお菓子たち&ヌテラ。

Kinder(キンダー)とは、イタリアのお菓子の定番なんですが、本国イタリアほどには日本では見かけなくて、手に入るのはカルディやプラザ(PLAZA)といった、輸入食材を扱っているお店です。

今回はちょっと久しぶりにキンダーのチョコ達をゲットしたので、サクッと(ウエハースなだけに!笑)記事にしておきます。

イタリア好き、ヌテラ好きの我が家、フェレロ社のお菓子はついつい買ってしまうんですよね。

ヌテラとは【世界のnutellaと朝ごはん】

キンダー・チョコ、ハッピーヒッポ達をカルディとプラザで購入しました

ハッピーヒッポなど、今回ゲットしたKinderのお菓子たち
ハッピーヒッポなど、今回ゲットしたKinderのお菓子たち。

今回ゲットしたキンダーは、上の写真の通りです。

カルディで購入したのはハッピーヒッポという、カバのキャラクターのお菓子です。

このカバ・チョコ(ハッピーヒッポ)以外は、プラザで見つけて購入しました。

以降、それぞれ紹介していきます。

Happy Hippo(ハッピーヒッポ)は不思議な可愛さのカバのチョコ

キンダーのハッピーヒッポ
キンダーの「ハッピーヒッポ」。

カバのハッピーヒッポは、味が2種類あって、一つは「ココアクリーム(ミルク&ココア)」、もう一つは「ヘーゼルナッツ(ホワイト)」です。

何と言っても、不思議な可愛さのカバの造形が印象的です。

パッケージのイラストと比較すると、カバの目が雑に描かれていたりしますが、それもまたご愛嬌(笑)、微笑ましいキャラクターです。

bueno(ブエノ)はチョコが外側にコーティング

外側がチョコでコーティングされた「ブエノ」
外側がチョコでコーティングされた「ブエノ」。

ブエノも2種類あります(普通版とホワイト)。

ウエハース生地にチョコがコーティングされていて、中にはクリームが入っています。

味は、ハッピーヒッポと同様、普通版(?)はヌテラに似た味、ホワイトの方が少し甘くて、ヌテラとは違うタイプの味付けです。

HAPPY moments (ハッピーモーメント)はアソート

5種類のキンダーのお菓子が入った「ハッピーモーメント」
5種類のキンダーのお菓子が入った「ハッピーモーメント」。

ハッピーモーメントは、さきほどのブエノや、Shoko Bons(ショコボンズ)など、5種類の詰め合わせです。

キットカットのバラエティ・アソートみたいな存在ですね。

個包装だし、「ちょっとだけ食べたい」という人にオススメです。

原産国がそれぞれ違うのが巨大企業・フェレロらしい(⁉)

キンダーの原産国はいろいろ
キンダーの原産国はいろいろあります(ハッピーヒッポはイギリス)。

パッケージの裏の「原産国」を見ると、ハッピーヒッポは「イギリス」、ブエノは「ポーランド」、ハッピーモーメントは「ドイツ」、とあります。

世界展開するフェレロ社の大きさを感じます。

ちなみに、ヌテラも日本国内で流通しているのはオーストリア製で、他にもイタリア、ドイツ、カナダ製など、ワールドワイドに存在します。

イタリア本国ではもっと種類が豊富なキンダー

ハッピーヒッポとハッピーモーメントの中身。

今回我が家がゲットしたのはこれで全てなのですが、フェレロのイタリア本国サイトでは、キンダーの大量の種類の商品が紹介されています。

↓フェレロ社のKinder紹介ページ
https://www.ferrero.it/Prodotti-Kinder/

上記ページには、「Kinder」の銘柄が18種類(!)、掲載されています。

抽出すると、下記となります。

フェレロ社のページに掲載されているKinder銘柄

KINDER CIOCCOLATO
KINDER CARDS
KINDER CEREALÉ BISCOTTI
KINDER BUENO
KINDER CEREALI
KINDER MAXI
KINDER SORPRESA
KINDER JOY
KINDER SCHOKO-BONS
KINDER FETTA AL LATTE
KINDER PARADISO
KINDER PINGUÌ
KINDER CHOCO FRESH
KINDER MAXI KING
KINDER BRIOSS
KINDER PAN E CIOC
KINDER COLAZIONE PIÙ
KINDER DÉLICE

サイトを見てもらうとわかるのですが、アイスクリームなどもあって、バリエーションの多さにも驚きます。

日本でもいろいろ手に入るようになればいいな~、と眺めてしまいます(笑)。

まとめ

どのキンダーも、コーヒーによく合います。

イタリアでの充実度(?)を知ってしまうと、日本ではマイナーな存在のキンダーのお菓子たちです。

今回はカルディとプラザでたまたま発見して購入したのですが、いつも在庫しているわけではなさそうですし。

Amazonや楽天だと「30個入り」とか、セット販売が多くて、ちょっと敬遠してしまうし、しばらくは、カルディかプラザで「見つけたら買う!」作戦ですかね。

カルディコーヒーファーム公式サイト
PLAZA公式サイト

スペインのnutella(ヌテラ)

ヌテラとは【世界のnutellaと朝ごはん】

広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Shoji(しょうじ)
神戸出身、2016年に信州の山奥に移住。植物のある生活、自然の中での生活について、このブログ(サンブーカ)で記事を作っています。食や自転車、インテリアなど“イタリア的な山暮らし”の楽しさもテーマにしています。2019年~イタリア・トリノの自転車ブランド・3Tアンバサダー。