コバンソウ

コバンソウ

コバンソウ(イネ科コバンソウ属)。名前の通り、小判のような実。明治期に観賞用として移入され、今では道路脇で普通に見られます。

広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Shoji(しょうじ)
神戸出身、2016年に信州の山奥に移住。植物のある生活、自然の中での生活について、このブログ(サンブーカ)で記事を作っています。食や自転車、インテリアなど“イタリア的な山暮らし”の楽しさもテーマにしています。