食べるアブラナ科

かき菜のおひたし

妻の実家から送られてきた「かき菜」がアブラナ科の野菜だと聞いて、ふと思いました。「アブラナ科の野菜、なんて多彩なんだろう」。

北関東の伝統野菜、かき菜

かき菜は北関東の伝統野菜でアブラナ科の野菜。菜花(なばな)の一種で、旬は3月~4月、春の味覚です。

小松菜、キャベツ、ブロッコリー、大根、わさび、マスタード、などなど。全てアブラナ科で同じ仲間、食卓からは想像しにくいほどに姿や使われ方が違っています。食用部分は、根、茎、葉、種、と様々で、サラダや漬物、油、香辛料としても使われます。

紀元前から続くアブラナ科の品種改良

これほど僕たちの食事に深く関わるまでには、品種改良の長い歴史があります。
例えばキャベツは野生種のケールが祖先でヨーロッパ原産。古代ギリシャ、ローマでは既に薬草としてキャベツが認知されていて、紀元前160年の『農業論』(カト・ケンソリウス)にキャベツの消化促進作用が記されています。その後、本格的に結球したものが登場するのは12~13世紀、改良の末に現在のようなキャベツになったとされます。ケールを改良して作られた野菜としては他にブロッコリーやカリフラワーがあります。

茎ブロッコリー

こちらは茎ブロッコリー。花の蕾を食用に改良されたがブロッコリーやカリフラワーです。

ロマネスコ

カリフラワーの一種、ロマネスコ。日本での名前は、イタリア語の「broccolo romanesco(ブロッコロ・ロマネスコ)」=「ローマのブロッコリー」から。

カブはヨーロッパ及び中央アジア原産で、中国に伝わってからチンゲン菜や白菜、日本では小松菜や水菜が生まれました。ちなみに白菜が中国から日本に伝わったのは明治時代で、広まったのは大正時代になってからです。

クレソン

クレソン、和名はオランダガラシ。水辺に育ち、アブラナ科特有の辛味成分がしっかりと味わえます。

「緑の革命」以降の急激な変化

長い時間をかけてゆっくりと進んできた品種改良ですが、20世紀以降に状況は大きく変わってきています。人口の増加、技術革新による農業や自然環境の変化。
食用植物についても、機械化や農薬、化学肥料によって収穫量が飛躍的に増えました(緑の革命)。現代社会はこれらの革新によって成り立っているし、今後の更なる人口増加、食料不足の懸念、資源保全への影響を考える時、あらゆる手段を講じる必要があります。

なので、遺伝子組み換えであっても可能性の一つとして必要です。しかし、あまりにも急激な変化によって、遺伝的多様性が失われたり、一部のバイオ企業による寡占が拡がるのは気がかりです。

菜の花

アブラナ(油菜)やカラシナ(芥子菜)など、アブラナ科アブラナ属の花は総称して菜の花と呼ばれ、どれも4枚の花弁の十字花です。

近代農業では作物の種類が限定され、たくさんの野生種が絶滅していっています。20世紀初め、約16億人だった世界人口が2050年には90億人にもなろうとしているのですから、作物の安定した収穫量の為にも、効率化や単一栽培の拡大は避けられないのかも知れません。しかし、その裏で種の多様性が消失していくのは避けるべきでしょう。

品種改良に繋がる、普段の選択

その為に、僕たちが出来る事、するべき事はたくさんあります。スーパーマーケットでの買物もそうです。食品の「遺伝子組み換えでない」表示。これはあくまでも現状の食品表示法に則っての表示であって例外も多くあり、菜種油や大豆油といった食用油については表示義務がありません。「何故!?」と思うし、勘繰りたくもなりますが、僕たち(社会)の消費行動や政治参加(投票)、様々な選択の結果とも言えます。
日々、口にする植物を選ぶ事も投票であり、やがて品種を作ります。

ワサビの花

ワサビ。オリエンタルハーブ、Wasabiとして今では世界的に食用される日本原産の植物。こちらもアブラナ科ならではの十字花を咲かせます。

かき菜もキャベツもブロッコリーも、食卓での姿かたちは違えど、そのまま育てると4枚の花弁が十字状に咲く花を咲かせます(アブラナ科は以前は十字花科と呼ばれていました)。数千年をかけて品種改良されてきて尚、変わらない形質と僕たちの食事は共にあります。
巡る季節と、育てた人の顔が見える野菜が美味しいと感じる感性もまた、遺伝的多様性を保つ重要な要素、投票に繋がるのは間違いありません。

広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

神戸出身、2016年から信州在住。植物のある生活、自然の中での生活について、このサイト(サンブーカ)で記事を作っています。食や自転車、インテリアなど“イタリア的な山暮らし”の楽しさもテーマにしています。2019年~イタリア・トリノの自転車ブランド・3Tアンバサダー。