池田町・カミツレ花まつり体験記【満開のカモミールとツリーハウス!】

池田町・広津「カミツレの里」の「カミツレ花まつり」にやって来ました
池田町・広津「カミツレの里」にやって来ました。

池田町の「いけだまちひろつカミツレ花まつり」に行ってきました。

「カミツレの里」で開催されるイベントで、5月下旬から6月上旬に見頃を迎えるカミツレ=カモミールの花を「花まつり」開催日は刈り取り体験もできるのです(しかも無料)。

カミツレの里(カミツレ研究所)公式サイト

カミツレの里へは、車で安曇野ICから約30分

カミツレ花まつり会場への案内板
カミツレ花まつり会場は「カミツレの里」入口からさらに1km先です。

「カミツレの里」へは初訪問です。

麓からはけっこうな上り坂で、思ったよりも山奥という印象です。

車で行きましたが、もし自転車で来たらヒルクライムのトレーニングになるなぁ、などと思いながら到着。

カミツレ花まつり会場へ到着

カモミールの刈り取り受付
「カモミールの刈り取り」受付をしてもらいます。

花まつり会場へ着くと、まずは受付です。

名前と連絡先などを記入して、説明を受けたらハサミを借りて、カモミールの刈り取りへGO!

カモミールの刈り取り!

カミツレ(カモミール)畑へ入って刈り取り体験
畑に入ると、リンゴのようなカモミールの香りが。

お花畑の中に入ると、甘い香りがフンワリと漂います。

この日は青空が広がり、真っ白なカモミールの畑はホントに爽やかです。

カミツレ花畑で摘み取り体験
広大なカミツレ花畑。

他の参加者の人たちも「良い香りだぁ」と呟きながら刈り取りをしています。

カモミール(カミツレ)という植物

カモミール(カミツレ)という植物
カモミール(ジャーマンカモミール)はキク科シカギク属の植物です。

ここで少し、カモミールという植物について。

カモミールは和名はカミツレ、具体的にはジャーマンカモミールの事を指します。

葉は鹿のツノのよう?(キク科シカギク属)

カモミール(カミツレ)の葉
カモミールの葉は鹿のツノのよう?

カモミールの花はキク科らしい形をしてますが(小花が集まって一輪の花を作る、頭状花)、特徴的なのは、その葉だと感じます。

キク科シカギク属に分類され、シカギク(鹿菊)という名前は鹿のツノから来ているようです。

なるほど、鹿のツノのようにも見えますね。

華蜜恋の販売コーナーなどを物色

華蜜恋の商品の販売コーナー
華蜜恋の商品の販売コーナー。

カモミールの刈り取り体験の後、販売コーナーを物色。

入浴剤やシャンプー、ハンドクリームなど、華蜜恋(かみつれん)というブランド名でいろんなカモミールの関連商品が並んでいます。

花まつりの日は特別価格で販売されていて、お得に買えます。

お弁当の販売も

八寿恵荘のお弁当(タケノコごはん)販売も
お弁当の販売もありました。

タケノコごはん(お弁当)の販売もありました。

我々はアンケートに答えて、無料で野菜のスープをいただきました。

八寿恵荘・カミツレ研究所の駐車場へ移動

八寿恵荘・カミツレ研究所の駐車場からツリーハウスへ
八寿恵荘・カミツレ研究所の駐車場からツリーハウスへ。

花まつりを満喫した後、車で来た道を戻って、八寿恵荘(やすえそう)やカミツレ研究所の駐車場へ。

ここの敷地内にはツリーハウスがあるのです。

オニグルミの木のツリーハウス

カミツレの里のツリーハウス
立派なツリーハウス!

遠目にもその大きさがわかる、立派なツリーハウスです。

オニグルミの木に設置されたツリーハウスで、中に入る事もできます。

以降、写真でそんな様子を。

カミツレの里のツリーハウス
ツリーハウスを下から見上げます。

けっこう複雑な構造に見えます。

ツリーハウスには自由に登れます
「ツリーハウスを支えているのはオニグルミの木です」と書いてあります。

登ってみます。

ツリーハウスに登ってみます
まず、中2階(?)のようなスペースへ。

いよいよツリーハウスの中へ入ります。

ツリーハウスの室内
ツリーハウスの室内はこんな感じです。

室内をオニグルミの幹が通っています。

ドアがあって、開けると、、、

ツリーハウスから見える風景
ツリーハウスから見える風景。

カモミール畑を見渡せます。

ツリーハウスのベランダのようなスペース
外から撮影するとこんな感じです。

こんな写真映えするツリーハウスがあるとは、カミツレの里、良いですね。

ちなみに、ツリーハウスというと、以前に東京・広尾のタブノキのツリーハウスや、茅野の藤森照信さんの建築の見学会の記事を作っています。

広尾、Fleur Universelle(フルール・ユニヴェセール)&Les Grands Arbres(レ・グラン・ザルブル)のタブノキ、ツリーハウス
高過庵

まとめ(カモミールの名所としてオススメ)

「カミツレの里」入口
「カミツレの里」は池田町(いけだまち)にあります。

今回、我々は「花まつり」に合わせて行きましたが、カモミール(カミツレ)の花期は例年、5月下旬から6月上旬頃、との事。

また、秋には苗を畑に植え替える体験なんかもあるようなので、花まつり以外の季節も楽しめそうで、信州の花名所としてオススメです。

第34回いけだまちひろつカミツレ花まつり
「いけだまちひろつカミツレ花まつり」は無料で参加できます。

我々も、信州にはまだまだ行った事がない名所があるなぁ、と話しながら帰路についたのでした。

自宅に持ち帰った花をカモミールティーに

花を乾燥させてカモミールティーに
持ち帰った花を乾燥させてカモミールティーに。

ちなみに、いただいたお花達はカモミールティーにするべく、現在乾燥させています。

もうしばらく、カモミールのリンゴのような香りを楽しめそうです。

以上、カミツレ花まつりの体験記でした!

カミツレの里(カミツレ研究所)
長野県北安曇郡池田町広津4098
https://www.kamitsure.co.jp

植物名ジャーマンカモミール
漢字名加密列(カミツレ)
別名カモミール、カミツレ、ドイツカミツレ
学名Matricaria chamomilla
英名German chamomile、Chamomile
科名・属名キク科シカギク属
原産地ヨーロッパ
花期 5~6月
広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
しょうじ(Shoji)
神戸出身、2016年に信州の山奥に移住。植物のある生活、自然の中での生活について、このブログ(サンブーカ)で記事を作っています。食や自転車、インテリアなど“イタリア的な山暮らし”の楽しさもテーマにしています。