アミガサタケ(モリーユ茸)を採取&料理してみました

アミガサタケの仲間はヨーロッパでは高級食材
アミガサタケの仲間はヨーロッパでは高級食材です。

アミガサダケは、漢字では「網笠茸」。

まさに、網の笠のような、ちょっと変わった見た目のキノコです。

採取して調理してみたので、簡単に記事にしておこうと思います。

アミガサタケとは、フランスのモリーユ茸、イタリア語でモルケッタ

今回採取したアミガサダケ
今回採取したアミガサタケ。

アミガサタケはフランス語でモリーユ茸、イタリア語でモルケッタと呼ばれ、高級食材として扱われる食用キノコの一つです。

日本でも春キノコの代表格ですが、欧米ほどにはその存在は有名ではないですよね。

むしろほとんど知られてないんじゃないでしょうか。

モリーユ茸は『美味しんぼ』にも登場

ちなみに、漫画『美味しんぼ』(90巻)にも「フランス料理で珍重するアミガサ茸の一種」として、乾燥モリーユが紹介されています。

アミガサタケを料理

アミガサダケをオーブンで焼き干し
アミガサタケをオーブンで焼き干し。

そんなアミガサタケ、我が家(信州の山間部)周辺でもちらほらと見つけられます。

今年の春(5月中旬)、採取して乾燥(オーブンで焼き干し)させておいたのですが、今回はそれを調理です。

バターでソテー&生クリームでパスタに

アミガサタケをバターでソテー
乾燥させたアミガサタケを水で戻して、バターでソテーします。

乾燥アミガサタケを水で戻して、細かく切ってバターでソテーした後、生クリームを加えて軽く煮詰めます。

アミガサタケのパスタ、完成

アミガサタケのパスタ
アミガサタケのパスタ、完成です。

塩コショウで味を整え、茹でたパスタと絡めたら完成です。

味は?

アミガサタケのパスタ、実食
アミガサタケのパスタ、実食です。

味は、それほど強くはないですが、ほんのりポルチーニのような香りがします。

食感はベーコンのような歯ごたえがあります。

ヨーロッパのキノコと日本のキノコ

イタリアのポルチーニ
こちらはイタリアのポルチーニ。

ポルチーニを思い出させる味のアミガサタケですが、ポルチーニはもっと味が濃厚です。

やはりそれぞれの土地の素材を活かすという意味では、モリーユやポルチーニ、トリュフがイタリアンやフレンチになり、松茸が和食になる、というのは理にかなっているんですね。

とは言え、日本の家庭でもこれだけイタリア料理が食される現在です。

今後はアミガサタケの需要も増えてくるかも知れません。

山の恵み、イタリア的な楽しみ

カットしたアミガサタケ
カットしたアミガサタケ。

また来年も採取できるかな?

ヨーロッパのモリーユ茸、モルケッタはどんな味なのだろうと想像しながら、来年の春を楽しみに。

山の恵みに感謝したくなる、信州の山暮らしの食卓です。

植物名アミガサタケ
漢字名網笠茸
別名※モリーユ
学名Morchella esculenta
英名Morel
科名・属名アミガサタケ科アミガサタケ属
原産地北半球各地
花期
広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

Shoji(しょうじ)
神戸出身、2016年に信州の山奥に移住。植物のある生活、自然の中での生活について、このブログ(サンブーカ)で記事を作っています。食や自転車、インテリアなど“イタリア的な山暮らし”の楽しさもテーマにしています。