カラマツの芽吹き

カラマツの芽吹き
カラマツの芽吹きを写真で紹介します。

カラマツの芽吹きは、信州では4月から5月にかけてです。新緑の季節は毎年楽しみですが、それまでの成長過程も面白いので、簡単に写真を並べておきます。芽吹きの頃に見られる、カラマツの花(松ぼっくりの赤ちゃん)の写真も後半に掲載しています。

カラマツの芽吹き

最初は冬芽が金色に

カラマツの芽吹き直前
冬芽の先が金色に。

枝と同じ色だった冬芽の先が、金色になります。

だんだん大きくなる金色

カラマツの芽吹き、さらに直前
冬芽の先の金色が大きくなっていきます。

日毎、金色の部分が大きくなっていきます。

芽吹き!(角刈りのような緑色)

カラマツの芽吹き
とうとう芽吹きです!

金色だった冬芽から、鮮やかな黄緑色の葉が飛び出します。角刈りのように見えます(笑)。

だんだん葉が伸びて広がります

芽吹きの後
芽吹きの後、葉が伸びて広がっていきます。
葉がさらに広がりました
葉がさらに広がりました。

角刈りから、ホウキのような状態になります。

完全に開きました

カラマツの芽吹き
ほぼ完全に開いた状態です。

葉が伸び切ると、最も鮮やかな新緑の季節です。この後、夏に向けて深い緑色になっていきます。

芽吹きの頃に見られる、カラマツの花(松ぼっくりの赤ちゃん)

カラマツの雌花
カラマツの雌花。松ぼっくりの赤ちゃんです。

芽吹きの頃は、カラマツの花の時期でもあり、見つけるのも楽しみの一つです。カラマツの雌花はパイナップルのようにも見えます。花期が終わると松ぼっくりになっていきます。

カラマツの芽吹きと雄花
芽吹いた葉の下に雄花。

四季を通してシャッターチャンスをくれるカラマツですが、他の季節やカラマツの特徴については、以前の記事で紹介しています。

カラマツの芽吹き

カラマツ林の四季

広告
広告

2 件のコメント

  • まつぼっくりが、雌花だったんですね!新しい知識です。
    それにしても、生まれたての花は可憐で美しいですね。
    貴重なお写真をありがとうございます。

    • >青山玉恵様
      過去記事をいくつも見てくださって、ありがとうございます!
      カラマツは、いろんな見どころがあるんですよね(^。^)
      ※ヤドリギ発送しましたからね(^^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    神戸出身、2016年から信州在住。植物のある生活、自然の中での生活について、このブログ(サンブーカ)で記事を作っています。食や自転車、インテリアなど“イタリア的な山暮らし”の楽しさもテーマにしています。2019年~イタリア・トリノの自転車ブランド・3Tアンバサダー。