白樺峠「タカの渡り」(ロードバイクで乗鞍へ向かう途中に立ち寄り)

白樺峠から望む乗鞍岳と3Tのロードバイク
白樺峠から望む乗鞍岳と3Tのロードバイク(ストラーダ)。

白樺峠とは、松本市の奈川と乗鞍の間にある峠です。

ロードバイクに乗る人にとっては、乗鞍ヒルクライムに自走で行く場合に通過する事もある、そんな峠です。

白樺峠とは「タカの渡り」で有名な、乗鞍に行く途中の峠

タカ見の広場入口
タカ見の広場入口。3Tのロードバイクとパシャリ。

交通量は少ないし、普段はひっそりとしている(冬季は閉鎖されます)白樺峠ですが、毎年9月中旬から下旬にかけては賑わいます。
その理由は「タカの渡り」。

以前から僕も興味があったのですが、先日初めて行ってきました。
このブログとしては、その時の植物と合わせて記事にしておこうと思います。

上高地乗鞍スーパー林道で白樺峠へアクセス

まず、白樺峠へのアクセスですが、奈川側から行く場合、麓のENEOSのガソリンスタンド(JAあずみ奈川支所)付近の分岐から、上高地乗鞍スーパー林道方面に向かいます。

上高地乗鞍スーパー林道への分岐
上高地乗鞍スーパー林道への分岐。奈川地区内には数か所、「タカ見の広場」の案内板が設置してあります。

「上高地乗鞍林道」へと右折します。

ここから白樺峠へは標高で約500m上ります(距離は約7km)。
樹々が茂っていて、緑のトンネルのような道ですが、中腹付近の開けた場所にはキリの木があって、枝先に実がなっていました。

キリの木
坂を上り、左手に見えてくる大きなキリ(桐)の木。
キリの実
枝先には実がなっていました。高い位置にあるので遠い。。。

その下には、ナギナタコウジュの花が咲いています。

ナギナタコウジュ
ナギナタコウジュ。

ナギナタコウジュとは、反り返った花穂がナギナタのようで、そしてシソ科特有の香りがあるので香需(コウジュ)、そんな名前です。

白樺峠駐車場からは登山道

白樺峠の駐車場
白樺峠の駐車場。

峠に到着すると、普段は空いている駐車場がほぼ満車です。
タカの渡りのシーズンはやはり混みあうんですね。

ここからは登山道を歩きます。
案内板によると「マツムシソウの道」経由だとタカ見の広場まで20分、とあります。
他に「ミズナラの道経由45分」、「シラカバの道経由25分」もあります。

たか見の広場への登山道
タカ見の広場への登山道。こちらは「マツムシソウの道」。

今回は「マツムシソウの道」で行きました。

こちらの道にもシラカバもミズナラもありますね。
ナナカマドの赤い実、ハナイカリの花を見つけてパシャリ。

ナナカマドの実
ナナカマドの実。冬になると、雪の中で赤い実がよく目立ちます。
ハナイカリ
ハナイカリ。錨のように見える突起が特徴の花です。

オオカメノキの赤い実も見つけました。

オオカメノキの実
オオカメノキ。赤い実はやがて熟して黒くなります。

以前にオオカメノキの白い花についての記事を作っています。

オオカメノキ(ムシカリ)の花

オオカメノキの花(春の白い花と冬のバンザイ)

「たか見の広場」まで2分
「たか見の広場」まで2分、とあります。

登り切ったところに案内板があって、右手に進むとタカ見の広場です。

タカ見の広場に到着

たか見の広場に到着
タカ見の広場に到着です!こんなにたくさん人がいるとは!

カメラを構えた人達がズラリと並んでいる風景、なんとも新鮮です。

峠の傾斜を生かして観客席のように整備されていて、立派な望遠レンズと三脚、アウトドア用のイスとか、皆さんそれぞれの装備でタカの出番を待ち構えています。

立派なカメラが並んでいます
スゴいカメラ&レンズが並んでいます。あの装備を背負って自転車に乗るは厳しいですね(笑)。

売店もあって、大イベントなんだなと実感します。

たか見の広場の売店
タカ見の広場の売店。書籍やポスター、ストラップ等が並んでいました。

日によっては、1日に3000羽ものタカ類を見られるそうで、上昇気流に乗って円を描きながら飛んでいく「タカ柱」なんて、見たら感動するでしょうね。

その為に、皆さん何時間も待つようです。
残念ながらこの日の僕は滞在時間が短く、タカは見れなかったのですが、次回は半日くらい滞在するつもりで来てみたいですね。

タカ見の広場周辺はダケカンバが何本もあって、1600m前後という標高の高さを感じる植生でした。

花はマツムシソウ、アキノキリンソウが咲いています。

マツムシソウ
マツムシソウ。タカ見の広場周辺は、ロープで囲ってお花畑のようにしてありました。
アキノキリンソウ
アキノキリンソウ。秋、日当たりの良い場所でよく見かけます。

駐車スペースに戻って帰路

駐車場(道路)に戻って、乗鞍岳の展望スペースに行くと、足元にはミヤマママコナが咲いていました。

ミヤマママコナ
ミヤマママコナ。漢字では深山飯子菜と書き、花冠の中に米粒のような斑紋があります。

この日の乗鞍岳には雲がかかっていましたが、やはり間近で見る乗鞍岳は良いですね。

タカの渡りシーズンが終わると、いよいよ紅葉の季節です。

白樺峠から望む乗鞍岳
白樺峠から望む乗鞍岳。白樺峠は絶好の展望ポイントでもあります。

広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

神戸出身、2016年に信州の山奥に移住。植物のある生活、自然の中での生活について、このブログ(サンブーカ)で記事を作っています。食や自転車、インテリアなど“イタリア的な山暮らし”の楽しさもテーマにしています。2019年~イタリア・トリノの自転車ブランド・3Tアンバサダー。