美ヶ原高原サイクリング&ハイキングで植物散策(9月中旬~下旬)

美ヶ原高原と3Tのロードバイク

信州・長野県にはたくさんの絶景コースがありますが、美ヶ原はその中でも特にオススメしたいコースの一つです。
先日、サイクリングとハイキングを組み合わせて植物散策をしてきたので、この時期(夏の終わりから秋にかけて)の植物を紹介したいと思います。

美ヶ原の草原に伸びる自動車道

美ヶ原の草原に伸びる自動車道。標高2000m付近の絶景ロードです。

美ヶ原牧場の風景

山頂まで行くと広大な風景が広がります。牧場になっていて、牛を間近に見られるハイキングコースでもあります。

アクセスについて
美ヶ原高原は標高2000m前後で、自転車でのアクセスは過酷なヒルクライムとなります。また、山頂(王ケ頭)や美しの塔などの高原内へは車両進入禁止で、徒歩になります。

※公共交通機関やマイカーも含め、各アクセス方法については美ヶ原観光連盟公式サイトなどでご確認ください。

山頂へのハイキングコース

長野県美ヶ原自然保護センターの駐車場から山頂へのハイキングコース。片道20~30分くらいで王ケ頭(美ヶ原高原の最高地点)です。

まだ見られる花

厳冬期はマイナス30℃になる事もあるという美ヶ原高原。9月の中旬から下旬だと花期は終盤ですが、まだ残っている花もあります。目につくのは他のエリアと同様、ノコンギクですが、背の低い花もいくつか咲いています。

ハクサンフウロ

ハクサンフウロ。周りの草の下に、そっと咲いているのをよく見かけます。

ウメバチソウ

ウメバチソウ。漢字では梅鉢草、なるほど梅の鉢のような花の形です。

ハナイカリ

ハナイカリ。舟の錨の形の花、という名前の由来を聞くと確かに錨のようにも見えます。

マツムシソウも少し残っています。

マツムシソウ

マツムシソウ。山地の草原に生える2年草。信州の秋の高原を代表するような花です。

マツムシソウの実

こちらはマツムシソウの実。やはり花期は終盤ですね。

コウゾリナやアザミなど、キク科の綿毛も多いです。
※以前に『綿毛の行方』という記事を作っています。

タンポポの綿毛

綿毛の行方

2018年12月9日
美ヶ原高原と3Tのロードバイク

3Tのロードバイクの向こうには牛たちが。

これから見頃を迎える紅葉・黄葉

秋の紅葉・黄葉の気配も見つけられます。高原の上部に行く途中、カラマツ林は緑色が少し薄くなっているように感じます。散策路を歩くと、レンゲツツジの葉先が赤くなっていたり、ズミ(コナシ)やナナカマドの実が色づいています。

レンゲツツジの葉

花はもちろん、紅葉も美しいレンゲツツジ。枝先の葉が色づいています。

ズミ(コナシ)の実

ズミの実。以前の記事『【上高地ハイキング】5月中旬~6月上旬の植物散策』で花の写真を掲載しました。初夏の白い花、小さなリンゴのような実、そして秋の黄葉、と季節毎に楽しみがあります。

ナナカマドの実

ナナカマドの実。実が赤くなっています。もうすぐしたら紅葉ですね。

カラマツの他、ダケカンバも実生で生えるエリアです。黄葉が楽しみです。

ダケカンバ

ダケカンバ。標高が高いので、シラカバではなくダケカンバの植生です。

実生のカラマツ

実生のカラマツ。風の影響で片方だけ枝が伸びています。

イネ科の草原

美ヶ原高原と言えば草原。ススキが見頃です。ヒゲノガリヤスなどのイネ科の穂も美しいです。

ススキ

ススキ。松本平を見下ろす斜面にはススキが多かったです。もうしばらく見頃ですね。

ヒゲノガリヤス

ヒゲノガリヤス。ノガリヤスの高山種で、ススキよりも標高の高いところではヒゲノガリヤスやシナノザサが優先しています。

松本平の向こうは北アルプスの山々

松本平の向こうには北アルプスの山々が見えています。

美ヶ原高原の植生

長野県美ヶ原自然保護センター

長野県美ヶ原自然保護センター。写真や剥製、美ヶ原のジオラマなどで美ヶ原の植生や環境について学べる施設です。入館無料。※11月上旬~4月下旬まで冬季休業

美ヶ原高原は放牧や野焼きによって草原の風景が保たれてきました。しかし、標高としては亜高山帯に属するので、自然の遷移によって森林化が進んでいます。温暖化の影響も大きくなってきているそうです。

美ヶ原高原の自動車道

草原に道路が走る風景は、どこか外国のようでもあります。

四季の移ろいを感じる事と、長い時間の変化を知る事と、両方が合わさって理解が更に深まりますね。いずれにしても、この絶景は何度でも見に来たいです。

美ヶ原高原を3Tのロードバイクで

秋の紅葉も楽しみな絶景コースです。

広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

神戸出身、2016年から信州在住。植物のある生活、自然の中での生活について、このサイト(サンブーカ)で記事を作っています。食や自転車、インテリアなど“イタリア的な山暮らし”の楽しさもテーマにしています。2019年~イタリア・トリノの自転車ブランド・3Tアンバサダー。