山菜の季節。フキノトウに始まり、ウコギ科へ

収穫したコシアブラ

山菜の季節は、フキノトウから始まります。雪解けして、真っ先に見つけられる山菜が、フキノトウ。

フキノトウ

山暮らしの春の最初の楽しみはこちら、フキノトウ。

天ぷらはもちろん、パスタにも合うし、フキ味噌にするのも良いですね。

ピザにフキ味噌を載せて

ピザにフキ味噌を載せて。ピザやパスタ、イタリア料理にも山菜は合いますね。

赤い花のフキ

ちなみに、今シーズンは初めて、珍しい赤い花のフキを撮影できました。

フキノトウの次はコシアブラやハリギリ

フキの背が高くなってくると、タラの芽やコシアブラ、ハリギリといった、ウコギ科の山菜の季節です。ウコギ科の山菜に共通するのは、特有の苦味と香りでしょう。

タラノキの新芽、タラの芽

タラの芽はタラノキの新芽。信州では、道の駅でもスーパーマーケットでも、お馴染みの山菜です。

「タラの芽」はスーパーマーケットにも並びますが、コシアブラやハリギリはあまり見かけません。タラノキは信州では栽培している家も多いですが、コシアブラやハリギリは、栽培しているという話しはあまり聞きません(我が家の周りでは基本、自生のものを収穫します)。

ハリギリの新緑

大きなトゲが特徴のハリギリ。山菜としての時期は、この写真のよりもうちょっと早めが良いですね。

コシアブラの新緑

我が家のお気に入りはこちら、コシアブラ。

信州では、山菜採りの人をよく見かけますが、目当てはコシアブラの事が多く、タラの芽やハリギリは大抵、そのまま残っていますね。

山菜の天ぷら

山菜の天ぷら。いろんな食べ方があるとはいえ、やはり天ぷらは香りや苦味を味わいやすいですね。

どれも美味しいのですが、我が家のお気に入りはコシアブラ。ウコギ科らしい香りや苦味が最も強いのがコシアブラだと感じます。天ぷらはもちろん、白ご飯に混ぜたり、パスタにしたり、いろんな食べ方で楽しめます。

コシアブラを採る時、(注意すべき)雰囲気的に似ているものとしては、ヤマウルシがありますが、それくらいでしょうか。

ヤマウルシ

こちらはヤマウルシ。コシアブラを採る時に、似ていて注意するとすればヤマウルシでしょう。

ちなみに、山歩きの時も、カブレに注意しないといけないヤマウルシですが、秋の紅葉は美しいです。

コシアブラからウドへ、進む春

今シーズンも、短いコシアブラの季節がそろそろ終盤。これからはウドとか、ワラビです。ウドも同じくウコギ科で、香りと苦味が楽しみです。

ウド

ウド。こちらもウコギ科の山菜です。背景に、キジムシロやタンポポなど、花が目立ち始めました。

そして、これからどんどん花が咲いていきます。コシアブラの季節の終盤は、我が家の横では、ヤマブキが満開です。

ヤマブキ

コシアブラの終盤、ヤマブキが満開です。

ヤマブキもエディブルフラワーだと、今春初めて知りました。

春の山菜は、キノコに比べて見分けが付けやすくて、間違えた場合のリスクも(キノコに比べると)安心です。山暮らし初心者の我々夫婦も、山菜はけっこう活用できるようになってきました。次の秋は、キノコも勉強するか~とも思うのですが、ひとまず、長い冬を終えて、次の短い夏までの春。もうしばらく、山菜と花の季節を楽しもうと思います。

窓から見える新緑

春の光が新緑を透過して、やわらかくもあり、キラキラでもある、この季節ならではの風景です。

広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

神戸出身、2016年から信州在住。植物のある生活、自然の中での生活について、このサイト(サンブーカ)で記事を作っています。食や自転車、インテリアなど“イタリア的な山暮らし”の楽しさもテーマにしています。2019年~イタリア・トリノの自転車ブランド・3Tアンバサダー。