ヴィヒタ作りに挑戦【作り方&使える樹種についての考察】

ヴィヒタ作りに挑戦!
今回はヴィヒタ作りに挑戦です。

以前、松本・タビシロでのサウナ体験記を書いたのですが、その際、ヴィヒタというものを初めて体験しました。

その後、サウナー(サウナ好き)の聖地(!?)とも呼ばれる、野尻湖「The Sauna」の野田クラクションべべーさんにお会いしたり、詳しい人達に話しを聞いたので、ヴィヒタについて、記事にします。

「The Sauna」の野田クラクションべべーさんにヴィヒタの作り方を教わりました
「The Sauna」の野田クラクションべべーさんにヴィヒタの作り方を教わりました。

ヴィヒタとは?

タビシロのサウナ室
こちらは松本・タビシロのサウナ室にて。

ヴィヒタとは、サウナで使われる、植物の枝葉を束ねたものです。

サウナの本場・フィンランドでは日常的に使われるらしく、スーパーマーケットでも販売されているそうです。

何の為に使う?

ヴィヒタとは?
ヴィヒタとは、サウナで体を叩いたり、香りを楽しむ為のものです。

このヴィヒタ、何の為に使うのかというと、サウナで温まった身体をヴィヒタで叩く、という独特な道具(?)なのです。

効果として、血行促進や殺菌作用など、と言われていますが、どちらかというと枝の感触とか葉の香りを楽しむ、リラクゼーションという要素の方が強いのかな?と個人的には思います。

ヴィヒタで叩く=ウィスキング

ちなみに、ヴィヒタで叩いたり、マッサージしたり、という施術は「ウィスキング」と呼ばれます。

ヴィヒタの作り方

では、ヴィヒタの作り方です。

枝葉を集める(収穫)

こちらはシラカバ
こちらはシラカバ。

まず、ヴィヒタの素材となる、枝葉を集めます。

樹種は何でもOK(有名なのはシラカバやオーク)

ヴィヒタ用にミズナラの枝葉を採取
こちらはミズナラ。

樹種については、シラカバやナラ(柏やコナラ、ミズナラ)、オーストラリアだとユーカリなど、様々な樹種が使われます(詳しくは後述します)。

今回は我が家の敷地内のシラカバとミズナラで、それぞれ作ります。

選定&加工

ヴィヒタの持ち手になる部分の葉を取り除きます
ヴィヒタの持ち手になる部分の葉は、取り除きます。

収穫した枝葉を選びながら、まとめます。

持ち手の部分は、後から麻ひもで縛るので、葉っぱを取り除いておきます。

束ねて麻ひも等で縛る

ヴィヒタの持ち手の部分に麻ひもを
持ち手の部分に麻ひもを巻きます。

枝の本数も様々なのですが、一般的なサイズのヴィヒタとしては、20本~40本くらいの枝を使う事が多いようです。

束ねて、麻ひもで縛ると、ひとまず完成です。

乾燥させる(乾燥ヴィヒタの場合)

完成したヴィヒタ
一応、これで完成です。

そのまま「生ヴィヒタ」として使う場合もありますが、流通しているヴィヒタの多くが、乾燥させたものです。

乾燥させるには、ドライフラワーと同じように吊るして干します。

日光に当てないように乾燥させる&保管

ヴィヒタを乾燥させます
ヴィヒタを乾燥させます。

注意点としては、乾燥させる際は日光に当てない、という事です。

そうする事で、鮮やかな緑色が残ります。

日光に当てると退色して、茶色になってしまいます。

また、扇風機などで風を当てながら乾燥させると、良いらしいです。

ヴィヒタの使い方

使用前、ヴィヒタを水に浸けます
使用前、ヴィヒタを水に浸けます。

乾燥ヴィヒタの使い方は、使う前の準備がポイントです。

使用前に、水に浸して戻す事で葉が柔らかくなり、香りが出ます。

サウナで使う前30分とか、という説明をよく目にしますが、野田さんはフィンランドにて、2時間前から(!)浸けておくのが良い、と教わったそうです。

ヴィヒタの香りと樹種

水で戻したヴィヒタ
水で戻したヴィヒタ。

今シーズン、ヴィヒタの事を初めて知って「香りのある樹木」について、知識が増えました。

シラカバが香る、という認識はこれまでなかったのですが、実際ヴィヒタを作ってみると、確かに香ります。

『日本の森から生まれたアロマ』『カバノキの文化誌』
『日本の森から生まれたアロマ』と『カバノキの文化誌』。

この「香る樹木」については、『日本の森から生まれたアロマ』『カバノキの文化誌』などの本を読んで、とても勉強になったので、また別に記事にしようと思います。

created by Rinker
¥290 (2022/12/02 21:18:24時点 Amazon調べ-詳細)

どんな樹種がヴィヒタに向いている?

自分で作ったヴィヒタでウィスキング
自分で作ったヴィヒタ(ミズナラ)でウィスキング。

ウィスキングというのはなかなか奥が深いようで、用途に応じてシラカバやナラの他、カエデやササの葉なんかも、使われる事があるようです。

「香り」だけではなく、感触であったり、ウィスキングには様々な要素があるので、どんな樹種がヴィヒタに向いているのか、一概には言えないんですね。

日本のシラカバのヴィヒタ
こちらはシラカバ。

ただ、前述の『カバノキの文化誌』などを読むと、欧州のシダレカンバ(シラカバの仲間)やオウシュウナラ(ヨーロピアンオーク)は、ヴィヒタにとても向いているようです。

香りの強さや枝の「しなり」、採取のしやすさ、オークについてはウィスキングの際に葉が落ちにくい、といった特徴があります。

欧州のバーチやオーク=日本のカバノキやナラの木

カシワ
黄葉したカシワの葉。庭木でもよく見かける、柏餅のカシワです。

とは言え、シダレカンバやオウシュウナラは、日本にはありません。

近い樹種としては、シダレカンバは日本のシラカバやダケカンバ、ミズメ(ミズメザクラ)などが、同じカバノキ科カバノキ属の仲間です。

オウシュウナラだと、同じブラ科コナラ属のコナラやカシワ(柏)、ミズナラが似た樹種です。

それぞれの地域のヴィヒタがある?

オーストラリアではユーカリの木がヴィヒタとして使われていたり、それぞれの地域で、ヴィヒタに向いている樹種があるようです。

樹種によって変わる、ヴィヒタの質

ヤマザクラ
こちらはヤマザクラ。紅葉した葉も。

この夏、我が家ではシラカバやミズナラの他、ダンコウバイやヤマザクラ、リョウブなどでも、ヴィヒタを作ってみました。

樹種によって香りや感触に違いがあって、なかなか面白いです。

変わっていく植物との関わり方

フジバカマは乾燥させると良い香りがします
こちらはフジバカマ。乾燥させると良い香りがします。

昨年はフジバカマの香りについて、記事にしましたが、こうした植物の楽しみ方というのも、海外からの影響も受けながら、時代と共に変わって行くのでしょうね。

サウナ&ヴィヒタの風習、我々にとっては、植物との新たな関わり方でもあります。

ヴィヒタの旅、植物の旅

クロモジの葉
こちらはクロモジの葉。とても良い香りがする樹木で、ヴィヒタにも向いています。

まだまだ知られていない、ヴィヒタにピッタリな樹種とか、あるんでしょうね。

意外に、あなたの家の庭の木も、ヴィヒタに使えるかもしれません。

もし「この木が使える」というような発見があれば、ぜひ教えてください。

その香りや肌ざわりを試すのもまた植物の旅の形の一つ、とも感じます。

そろそろ、(街中では)キンモクセイが香っているかな?などと想像する、信州の山の秋です。

広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
しょうじ(Shoji)
神戸出身、2016年に信州の山奥に移住。植物のある生活、自然の中での生活について、このブログ(サンブーカ)で記事を作っています。食や自転車、インテリアなど“イタリア的な山暮らし”の楽しさもテーマにしています。