ケヤキ並木と3T(街路樹と自転車のある風景)

旧居留地38番館と3Tのロードバイク

夏、ケヤキ並木は緑のトンネルになります。
壮大で繊細な枝が重なり合ってアーチになり、その下には陽射しがしっかりと遮られた木陰を作ってくれます。

ケヤキ並木の緑のトンネル(神戸・旧居留地)

神戸・旧居留地のケヤキ並木。夏は葉が生い茂り、カーブを描く樹形によって緑のトンネルになります。

トンネルを自転車で走り抜けると、セミの鳴き声に包まれます。風を切っていく感覚、足を止めると「ジーッ」というラチェット音。車でもオートバイでもない、自転車だからこその体験です。そして、ケヤキ並木は都市部ならではの風景です。

ケヤキ並木と3Tのロードバイク

ケヤキ並木と3Tのロードバイク。

東京=都会の木、街路樹

神戸で育った僕にとって、ケヤキという木は東京=武蔵野の木というイメージがずっとあって、(地方都市からの憧憬と合わさって)ケヤキはどこか都会的で洗練されたような印象でした。

旧居留地38番館の前のケヤキ

こちらは旧居留地38番館の前のケヤキ。

実際に、東京にはケヤキの大木、立派な並木がたくさんあります。根が深く、幹が太くて強風に強いという事で、徳川家康が関東平野に植えさせたという事を知って、なるほどと納得したのを覚えています。

プラタナスやイチョウといった、街路樹や植栽でしか見られない樹種がありますが、ケヤキは日本古来の樹種で自生もしているし、現代の街並みにも生きています。※以前に『プラタナスの並木(街路樹とヒトの関係)』という記事を作っています。

新緑のプラタナスの並木、林試の森公園にて

プラタナスの並木(街路樹とヒトの関係)

2018年3月13日
ケヤキのご神木も多いです。ご神木の多くが常緑樹の中、落葉するケヤキが選ばれているのは、何か特別な魅力を持っているのでしょう。

ご神木のケヤキ

ご神木のケヤキ。他にも、関東では屋敷林の大木もよく見かけます。※冬に撮影した写真です。

自転車のある風景、街並み

それは自転車と一緒に写真に収める時にも当てはまるのかもしれません。ケヤキ並木のある街並みには“自転車のある風景”が合うのです。

ブルーボトルコーヒー神戸カフェとケヤキ、3Tのロードバイク

ブルーボトルコーヒー神戸カフェ前にて。この通りの街路樹もケヤキです。

クラシックな自転車も良いですが、本格的なロードバイクで、できればイタリア的な色気もあるようなバイクでしょうか。

旧居留地十五番館と3Tのロードバイク

こちらは旧居留地十五番館の前。

神戸の旧居留地だと、大丸の1階の「カフェラ」でコーヒーを飲みながらランボルギーニとかマセラッティを眺めたりという趣味もあると思いますが、そういう感覚に近いかもしれません。でも、ケヤキ並木を走り抜ける爽快さと自由な感覚を味わうには自転車が良さそうです。

カフェ・フレッド・シェケラート(カフェラにて)

コーヒーを飲みながら、行き交うヒトや車を眺めるのは旧居留地らしい楽しみです。暑い季節にピッタリなカフェ・フレッド・シェケラートを「カフェラ」にて。

落葉した冬の姿もシャッターチャンス

緑のトンネルは秋には黄葉のトンネルになり、冬は落葉します。そのシルエットもシャッターチャンスです。太い幹から、規則正しく一定の角度で枝が分かれていく、壮大な樹形を確かめる事ができます。

表参道のケヤキ並木

こちらは冬の表参道。ケヤキは落葉した姿も、シルエットが端正で美しいです。

いつか表参道みたいに、神戸のケヤキも立派に育つと良いなと思います。表参道のケヤキは樹齢100年くらいだから、神戸のケヤキはまだまだ若いです。今よりも大きく長くなった緑のトンネルを想像すると、楽しくなります。

自然も都市も旅するヒトと植物

信州の山奥で暮らすようになって、神戸や表参道のケヤキ並木について、以前にも増して価値を感じるようにもなりました。樹木にとって、大自然の中のサバイバルも大変だけど、戦争や大気汚染、震災、都市計画みたいな要因も加わる、そんな生き残り競争もまたタフなものです。

ケヤキの葉と樹皮

ケヤキの若木の樹皮は灰白色でサラリとした感じです。大木になると鱗片状に剥がれて、模様のように見えます(上のご神木の写真をご覧ください)。

ケヤキは、枝と一緒に種子を飛ばします。風に乗って河畔などに種子がたどり着いて発芽し、根を張ります。同じように、街路樹のケヤキも種子を飛ばします。ヒトも植物も、どこか遠くを想いながら生活をして、出会ったり別れたり、交錯します。

3Tのロードバイクを正面から

旧居留地38番館の前付近。ケヤキ並木を背景に、3Tのロードバイクを正面からパシャリ。

それぞれの街で、それぞれの季節をヒトと街路樹が創っていく。そんな風に感じさせてくれるのもケヤキの生命力なのかもしれません。今度帰省したら、また自転車で並木を走り抜けたいですね。大木になるまでの定点観測です。

植物名 ケヤキ
漢字名
別名 ツキ(槻)
学名 Zelkova serrata
英名 Japanese zelkova
科名・属名 ニレ科ケヤキ属
原産地 日本、朝鮮半島、中国
花期 4~5月
広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

神戸出身、2016年から信州在住。植物のある生活、自然の中での生活について、このサイト(サンブーカ)で記事を作っています。食や自転車、インテリアなど“イタリア的な山暮らし”の楽しさもテーマにしています。2019年~イタリア・トリノの自転車ブランド・3Tアンバサダー。