乗鞍高原のミズバショウ、春の「一の瀬園地」散策

綺麗な水辺のミズバショウ

“雪解け”と言えば、真っ先に思い浮かべる花の一つ、ミズバショウ。今回紹介する乗鞍高原「一の瀬園地」はミズバショウの群生地として有名で、しかも風景が気持ち良いので、植物散策にも超オススメです。

今回の植物散策のポイント
●ミズバショウは例年4月下旬~5月中旬が見頃
●歩く距離は5~6km、所要時間は1時間半~2時間
●ニリンソウなどの高原ならではの花もあり
●温泉&立ち寄りスポットもあり

「ネイチャープラザ 一の瀬」からスタート

「ネイチャープラザ 一の瀬」の駐車場にFIAT500Xを停めて出発

「ネイチャープラザ 一の瀬」の駐車場。乗鞍岳に向かって「出発!」と宣言しつつ植物散策開始です。

今回、起点となるのは「ネイチャープラザ 一の瀬」。ここの駐車場に車を停めて、歩いて「水芭蕉観賞コース」を回り、再びここに戻ってきます。

「水芭蕉観賞コース」の案内

「水芭蕉観賞コース」の表示案内が設置してあるので安心です。

あざみ池の横を通過して、一の瀬キャンプ場を過ぎると(ネイチャープラザ 一の瀬から1.5kmくらい)、ミズバショウの群落が現れます。

ミズバショウの群生地

一の瀬キャンプ場を過ぎた後、最初に現れるミズバショウの群生地。

歩道から近くに“こっちを向いている”ミズバショウを見つけると、すぐにシャッターを切りたくなりますが、この後もず~っと群生地が続くので、焦って写真を撮る必要はありません(笑)。

ミズバショウ

ミズバショウは、日本国内では本州の中部地方以北と北海道に分布します。

一の瀬園地内だけでも「女小屋(めごや)の森」、「オソメジッケ」、「どじょう池」、と何か所もミズバショウの群生地があるので、ず~っとシャッターチャンスです(笑)。

群生するミズバショウ

ミズバショウの群生地がいくつもあります。

水辺のミズバショウもあれば、意外と乾燥した環境のミズバショウもあったり、大きいサイズもあれば、小さいサイズもあります。

ミニサイズのミズバショウ

こんなミニサイズもあります。

綺麗な水辺のミズバショウ

綺麗な水辺のミズバショウたち。

足元にもたくさんのミズバショウ

散策路沿いの足元にも咲いています。時期によっては、こういう場所は長靴でないと歩きにくい時もあります。

ミズバショウ以外の高原の植物いろいろ

ミズバショウだけではありません。

ニリンソウ発見!

ニリンソウ発見!こちらも群落を作っていました。

ショウジョウバカマ

ショウジョウバカマ。こちらも湿った場所に多い植物です。

フキノトウも出ています

フキノトウも。かなり背が伸びていますね。

ニリンソウやショウジョウバカマなど、高原ならではの植物とたくさん出会えます。

オソメジッケを過ぎ、広大な草地に出ます

広い草地に出て眺望抜群(後ろに乗鞍岳)

眺望抜群の草地に出ます。

オソメジッケを過ぎると、視界が開けます。
乗鞍岳を背にして、広~い草地の中を進みます。

カラマツの芽吹きと雄花

カラマツの芽吹きと雄花。

こうした開けた場所には、実生のカラマツもあります。この時期だと芽吹きと、雄花や雌花も観察できます。
※以前に『カラマツ林の四季と未来』という記事を作っています。

新緑のカラマツ林

カラマツ林の四季と未来

2017年12月14日
一の瀬園地にはミズバショウの他にも名所があって「大カエデ」もその一つ。

一の瀬園地の名物・大カエデ

一の瀬園地の名物・大カエデ。樹種はコハウチワカエデで、秋の紅葉の時期は大人気撮影スポットになるそうです。

もう少ししたら新緑、そして秋の紅葉の季節が楽しみですね。

どじょう池のミズバショウ(池の向こうに乗鞍岳)

どじょう池のミズバショウ。池の向こうに乗鞍岳が見えて駐車場からも近いので、人気撮影スポットです。

「どじょう池」では、ミズバショウの向こうに乗鞍岳、という写真が撮れるので、記念撮影します。

一ノ瀬つつじ園の表示

一ノ瀬つつじ園。レンゲツツジの群生地として有名です。

レンゲツツジの冬芽(一ノ瀬つづじ園にて)

レンゲツツジの冬芽。花の季節が楽しみです。

こちらも名所となっている、レンゲツツジの群生地。今はまだ冬芽ですが、6月頃、花の季節が楽しみです。

ネイチャープラザに戻って、今回の植物散策は終了ですが、立ち寄りスポットをいくつか紹介します。

ノーススターに立ち寄り

ノーススター(NORTHSTAR)の建物

ネイチャープラザ 一の瀬から車で3、4分。ノーススター(NORTHSTAR)にやって来ました。

ノーススターは乗鞍高原のロッジでもあり、スキー・スノーボードや自転車、様々なアウトドアスポーツのツアーも開催しています。

ノーススターの入口(「3T TEST BIKE CENTER」と掲示されています)

「3T TEST BIKE CENTER」と掲示されています。

ノーススターに設置してある3Tのテストバイク

建物に入ってすぐのところに、3Tのテストバイクが置いてあり、試乗させてもらえます。

レンタルも実施していて、なんと3Tバイクの試乗もできるのです。Tシャツ等のアパレルの販売も準備中のようです。
※3Tの自転車については以前の記事『3T、イタリア・トリノの自転車ブランド』でご確認ください。

薪ストーブと3T

3T、イタリア・トリノの自転車ブランド

2019年4月5日
3Tは自転車はもちろん、アパレルもオススメです。Tシャツは生地にハリとコシがあり風合いもしなやかで、吸水速乾性とストレッチ性もあるので着心地も良いです。もし、乗鞍高原に来られる際、ぜひぜひノーススターにもお立ち寄りください。
※下記、ノーススターのホームページです。
http://ridenorthstar.com/

3TのTシャツ(3T GZ Tshirts)

こちら、3TのTシャツ(3T GZ Tshirts)。アンバサダーである僕はもちろん、妻も気に入っていて、サイクリングはもちろん、ハイキングの時も着用しています。

ちなみに、3Tの公式サイト(http://3t-bike.jp/)でも詳細をご確認いただけます。

湯けむり館で温泉&ランチ

湯けむり館(プリマベーラ)の入口

湯けむり館に到着です。ノーススターとは200mくらいしか離れていなくて、湯けむり館の裏手にノーススターがある感じです。

ノーススターの後は、お風呂とランチです。「湯けむり館」で温泉、そして館内の「プリマベーラ」というレストランで、ピザを食べます。

湯けむり館内のプリマベーラでピザ・ランチ

湯けむり館内「プリマベーラ」でランチ。窯焼きピザと手打ちパスタのレストランです。

この日は季節限定メニュー、フキ味噌のピザが美味しかったです。フキノトウの苦味とチーズって合うんですね。
温泉からは正面に乗鞍岳がドンっと見えて、絶景なので(写真で紹介できないのが惜しい!)オススメです。

このコースも、レンゲツツジや紅葉、他の季節もまた来たいですね。ともあれ、ミズバショウはもう少し、見頃です。例年、4月下旬から観察できるので、来年以降でも、この記事を参考にしていただければと思います。
ちなみに、雪解け直後だと、湿地では長靴が必要な状況もあり得ます。お気をつけください。

今回の植物散策のまとめ
●カラマツの観察ポイントとしても面白い
●6月のレンゲツツジの花期も楽しみ
●大カエデ(コハウチワカエデ)紅葉も楽しみ
●ミズバショウの季節は長靴が必要な時もあり
●「ノーススター」には3Tの自転車・アパレルがあり

広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

神戸出身、2016年から信州在住。植物のある生活、自然の中での生活について、このサイト(サンブーカ)で記事を作っています。食や自転車、インテリアなど“イタリア的な山暮らし”の楽しさもテーマにしています。2019年~イタリア・トリノの自転車ブランド・3Tアンバサダー。